意外と多い車と動物の接触事故

車を運転しているときに猫や犬が飛び出してきたり、山道などで鹿やイノシシ・タヌキなどの野生動物に出くわしてビックリした経験はないでしょうか。

私は過去に、飛び出してきた鹿をギリギリのところで回避して衝突を免れたことがあります。

夜中だったことと全く予期せぬ出来事だったため、いきなり目前に現れた鹿にかなり驚きました。

もし回避できずに動物接触衝突事故を起こしてしまったときに自動車保険使えるのでしょうか。

動物との接触・衝突事故で自動車保険を適用可能なのか

法律上、動物は『』として扱われるために、動物との接触・衝突事故は物損(自損)事故として処理されます。

事故によって車に損傷が発生した場合には『車両保険』により補償を受けることが可能です(もし車両保険に加入していなければ修理費用は自腹になってしまいます)。

しかし車両保険の種類によっては補償が受けられないことがあるので確認が必要です。

〇 一般車両保険

オールリスクの補償で車対車以外にも自損事故、当て逃げ、自然災害、イタズラ、盗難などを補償するのが『一般車両保険』です。

相手の有無に関わらず補償されます。

× エコノミータイプ(車対車+A)

車同士の事故でのみ補償されるのが『エコノミータイプ』です。

事故の相手が特定できない場合や自損事故は補償されません。

動物との接触・衝突事故は自損事故となるので、『一般車両保険』に加入していれば補償対象となります。

もし車両保険に加入されている場合は一度確認して、エコノミータイプや未加入で心配なら一般車両保険加入を検討してもいいかもしれません。

参考記事:車両保険は必要?加入した方がいいの?

車と動物の接触・衝突事故による損害

怪我をしたときや他人へ損害を与えたときの賠償はどうなるのか

車と動物の接触・衝突事故により運転手や同乗者が怪我をしたときには『人身傷害保険』や『搭乗者傷害保険』に加入している場合は補償が適用されます。

動物との接触・衝突を避けようとして他の車や歩行者と事故を起こしてしまうことも考えられます。この場合には自動車保険の『対人・対物賠償保険』により相手への補償を賄うことができます。

ペットや家畜などの飼い主がいる動物と事故を起こしたときには

ペットや家畜などは飼い主の所有物になるので、事故を起こしたときには損害賠償を請求されることがあります。

このときには『個人賠償責任保険』の適用により損害をカバーすることができます。

動物との接触・衝突事故を避けるには、いついかなるときでも飛び出しがあることを予測して安全運転するしか手段がありません。

もし万が一事故を起こしてしまったときのことを考えて、自動車保険の補償内容をもう一度確認しておきましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
近年は野生動物が市街地へ出没することが多くなり、車との事故が増えているようです。高速道路でも動物との衝突事故が毎年多数発生しています。動物は人間が全く予期できない行動をとるので、事故多発地点では飛び出しに細心の注意を払いながら安全運転に徹する必要があるようです。
おすすめの記事