普段乗っている車で参加できるモータースポーツがジムカーナ

モータースポーツのイメージといえば、非常にお金が掛かると思われがちです。実際に本格的なレースに参戦しようとすると、レーシングカー購入やメンテナンス、運搬・保管費用などで多大な資金が必要です。しかしジムカーナなら、ライセンスを取得すれば普段乗っている自分の車で参加することができます。

モータースポーツ入門はジムカーナがおすすめ出典:http://www.cusco.co.jp/motorsports/

ジムカーナの特徴は、1台ずつのタイムアタックで争われるので、通常の周回レースのような他車との接触がないということです。また、コースが狭くて競技中のスピードが低くなるように設定されています。スピードが出にくいので安全性が高く、運転に自信がない人でも楽しむことができます。

気軽だが非常に奥が深いジムカーナ

ジムカーナ1台すつの走行でタイムを競う競技です。

コースは舗装路面で駐車場や広い空き地で行われたり、専用コースも多数存在します。コースはパイロンで仕切られるため通常のサーキットのように、見た目でレイアウトを把握することが困難です。そのため、当日使用されるコースレイアウトを暗記してタイムアタックに挑むことになります。

コースレイアウトはS字スラローム180度ターン360度ターンなどを組み合わせることが多く、1分前後で走れるように設定されています。

ジムカーナはA級ライセンス取得時に参加することが多く、モータースポーツを楽しんでいる人の多くがジムカーナ経験者です。

ドライビングの基本テクニックを学ぶには最適な競技なので、ジムカーナで実績を積んでからステップアップして第一線で活躍している有名ドライバーも数多くいます。

あなたがもし、ドライビングテクニックの上達を目指していたり、将来レース参加を見据えているのでしたら一度ジムカーナを見学してみたらいかがでしょうか?

2016年全日本ジムカーナ選手権 第2戦の動画です。

 
2016年全日本ジムカーナ選手権 第2戦 津川信次選手のインカー映像です。

 
競技ではありませんが、ケン・ブロックがドバイの市街地をジムカーナで爆走している動画です。

ライター:「アンドロイド村上」
モータースポーツに興味を持ったら、まずチャレンジしたいのがジムカーナです。ジムカーナではドライビングテクニックの基本が全て学べるので、その後のモータースポーツ活動に大いに役立ちます。ぜひ経験してみましょう。
おすすめの記事