最高速度250km/h以上!スーパーカートとは

カートというと一般の人は遊園地にあるようなゴーカートを思い浮かべると思いますが、車好きならレーシングカート(KART)またはアメリカのカート(CART)を連想するでしょう。レーシングカートにはいくつかカテゴリーがあり、最高峰がスーパーカートです。

カートレースの最高峰スーパーカート【フォーミュラカート】
出典:http://www.oldrow.net/

スーパーカートとは

レーシングカートに付いていないカウルを装着しているのがスーパーカートの最大の特徴です。フォーミュラカートとも呼ばれます。

レーシングカートにはないクラッチを備えており、6速シーケンシャルトランスミッション、ハイパワーなエンジンを装備。カートコースより遥かに大きい富士スピードウェイや筑波サーキットなどの4輪用サーキットでもレースが行われます。

スーパーカートのクラス分けは4つ

スーパーカートには4つのクラスがあり、それぞれのクラスで争われます。

SK1

2サイクル125cc以下または4サイクル250cc以下のエンジンをベースに無制限のチューニングが可能。6速シーケンシャルトランスミッションのギア比設定によっては、最高速度250km/h以上にも達するのがSK1クラス車両です。

レーシングカートにはない前後ディスクブレーキや、カウルによる空力効果で、コースによってはスーパーGT300クラス並みのタイムを叩き出すスーパーカートの最高峰クラスです。

SK2

2サイクル125cc以下のヤマハYZ125エンジンをノーマルで使用するのがSK2クラスです。

SK1と同様に、シーケンシャルトランスミッションや前後ディスクブレーキ、カウルを装備してスーパーカートの中で一番人気があるクラスです。イコールコンディションに近いために、最もドライバーテクニックが要求されるのがSK2クラスです。

SK3

2サイクル85~125cc以下の遠心クラッチを装備したエンジンを搭載するのがSK3クラスです(トランスミッションは不可、フロントブレーキはYZ85エンジンクラスのみ可)。

通常は主にカートコースで走行することが多いようですが、ギア比を調整することで4輪用サーキットも走行できます。

スーパーカートを安価に楽しめるSK3クラスですが、最高速は180km/h以上に達します。

SK4

ワンメイクエンジンを使用するのがSK4クラスです(4サイクル250cc、ヤマハWR250)。

6速シーケンシャルトランスミッション&クラッチ、前後ディスクブレーキやカウルを装備して、カートというよりもフォーミュラカーに近く、スーパーカートのカテゴリーでは最も速いクラスです。

スーパーカートの速さを動画で見る

筑波サーキット2000でのスーパーカート走行動画です。57秒台が出てますね。やはりコーナリングスピードが圧倒的に速いのが分かります。

富士スピードウェイでのスーパーカート決勝レース動画です。クラスが分かりませんが1分50秒台が出ています。

ドイツ・ホッケンハイムリンクを走行するスーパーカートです。最高速度230km/h以上出てますね。カートというよりもフォーミュラカーを見ているようです。

やはりスーパーカートは速いですね。しかしカウルによる空力効果は、通常のレーシングカートとは違った安定性を感じさせますね。安定しているといってもこのスピードですから、操るには相当なドライビングテクニックが必要なようです。

ライター:「アンドロイド村上」
小さくて軽い、ハイパワーエンジンに空力効果と、車が速く走る要素を全て備えたスーパーカートには多くのファンがいるようです。有名レーシングドライバーの多くがスーパーカート経験者なのは、動画を見ればその理由が分かりますね。スーパーカートをレンタルしてくれるカートショップもあるようなので、機会があったらチャレンジしてみてください。
おすすめの記事