ニュルブルクリンクでのテスト走行がスパイショットされたAMG C63 Rクーペ

メルセデスベンツがBMW M4 GTSに対抗すべく開発中のAMG C63 Rクーペですが、ニュルブルクリンクを疾走しているテスト走行の様子がスパイショットされています。AMG C63 Sクーペを改良して作られたC63 Rクーペ、相当にパフォーマンスが高そうです。

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペ2017年に登場か

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペ2017年に登場か

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペ2017年に登場か

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペ2017年に登場か

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペ2017年に登場か

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペ2017年に登場か

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペ2017年に登場か

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペ2017年に登場か
出典:http://www.autocar.co.uk/

サーキット走行を強く意識したモデルらしく大きなリアウイングが目立ちますが、その下にあるトランクの色だけが他のボディパネルと違っているのが気になりますね。リアウイングの取付け部を見るとアフターパーツを思わせる粗さを感じますので様々な形状をテストしているのかもしれません。

メルセデスベンツ新型AMG C63 Rクーペの仕様やスペックは?

4L V8ツインターボエンジンのパワーは540~560ps程度に設定か

ボンネット下に隠れているパワーユニットは、4L V8ツインターボエンジンとなることは間違いないようですが、C63 Sの510psを超えるものの、上級モデルであるGT Rの585psを上回ることはないようです。

ということは540~560ps程度に設定されるのでしょうか。動画のエキゾースト音を聞く限りでは、排気系の抜けの良さを感じますね。

C63 Sのパフォーマンスが0-100km/h 3.9秒、ライバルのBMW M4 GTSが0-100km/h 3.8秒なので、これらのタイムを上回ってくることは確実でしょう。

C63 RにはGTRと同様に、カーボンファイバー製パーツやチタン製エキゾースト、C63 R専用アルミホイールの採用が決定しているようです。

気になる価格はC63 S(国内価格1,350万円程度)より高く、ライバルのBMW M4 GTS(国内価格1,970万円程度)に近い価格帯になりそうです。いずれにしても超が付く高級車ですね。

デビュー時期の予想は、2017年3月のジュネーブモーターショーでの発表が濃厚と言われているので今から楽しみですね!

ライター:「アンドロイド村上」
BMW M4 GTSは全世界700台限定でニュルブルクリンク北コースでのラップタイム7分28秒を叩き出しましたが、それを打ち負かすことを使命に開発されているAMG C63 Rクーペには、メルセデスベンツの本気度をビシバシと感じますね。エコもいいですが、個人的にはこのようなハイパフォーマンスモデルの登場は大歓迎です。
おすすめの記事