ダイハツが製造するパッソとブーンがフルモデルチェンジ

2016年8月にトヨタの完全子会社になるダイハツ工業株式会社。

今までトヨタとダイハツは共同開発という形をとっていましたが、今回のパッソとブーンはダイハツが開発~生産まで行うモデルです。

ダイハツが持つ軽自動車のノウハウでパッソブーンは大幅な進化を遂げました。

顔を変えた2フェイスで幅広いユーザー層にアピール

今までのパッソ/ブーンに加え、パッソモーダ/ブーンシルク を設定。

ダイハツが得意とする2フェイス戦略でガラリとイメージを変え、幅広いユーザー層にアピールしています。

ブーンの顔つきはダイハツの軽自動車、キャストにも似ていますね。

ガソリンエンジン車1位の低燃費を実現

フルモデルチェンジしたパッソ/ブーンの目玉がFF車28.0km/L(JC08モード)という低燃費の実現です。

排気量1.0Lのエンジンはデュアル化された吸気ポートやデュアルインジェクターを採用、CVTの改良と合わせて坂道などでも余裕のパワーを引き出しています。

 

スマートアシストⅡや高剛性ボディで安全性にも配慮

コンパクトカーのパッソ/ブーンですが、軽自動車のパッケージ技術を生かしたゆとりのある室内空間や高い剛性を持つボディでワンランク上の安心感を得ています。

コンパクトカーとは思えない室内空間

トヨタパッソ・ダイハツブーンがモデルチェンジで低燃費出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/index.htm

ホイールベースの延長リアシートを後方に移動することなどで、今までよりもゆとりのある室内空間となっています。

また、高剛性ボディに組み合わされるサスペンションも見直しがなされ、街乗り~高速域まで最適なチューニングが施されています。

 

スマートアシストⅡで安全性を向上

トヨタパッソ・ダイハツブーンがモデルチェンジで低燃費出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/index.htm

新型パッソ/ブーンにはムーヴやキャストで好評の『スマートアシストⅡ』を採用し安全性を向上しています。

主な装備としては『衝突回避支援ブレーキ』『衝突警報機能』『車線逸脱警報』『誤発進抑制制御』などです。

 

カラーバリエーションは計19パターン

新型パッソ/ブーンは12色のバリエーション、 新型パッソモーダ/ブーンシルクは2トーンカラーを含めた18色をラインナップ、計19パターンの中から好きな色を選ぶことができます。

気になる新型パッソ/ブーンの価格はトヨタパッソが115万200円~183万600円、ダイハツブーンが115万200円~ 185万3280円となっています。

ライター:「アンドロイド村上」
軽自動車に押されぎみのコンパクトカーですが、軽自動車を得意とするダイハツが作り上げた新型パッソ/ブーンに期待が集まっています。価格的にもお求め安くなっているので普段の足に最適な1台になりそうですね。
おすすめの記事