世界的に有名なドリフトの達人『ケン・ブロック』

DCシューズの共同設立者のひとりであるケン・ブロック。主にラリードライバーとして活躍していますが、ケンブロックの名を一躍有名にしたのは、彼自身がスタントドライバーとして参加したプロモーションフィルムです。

ドリフトの神様ケン・ブロックの世界

DCシューズなどのカラーリングが施されたマシンを走らせ、度肝を抜くドライビングでファンを魅了。ケンブロック自らが企画した『ジムカーナ』シリーズはYouTubeなどで高い人気を誇り、『ジムカーナ2』は合計で5000万回以上の再生回数を記録しています。そんなケンブロックの『ジムカーナ』シリーズを一挙に紹介していきましょう。

ケン・ブロック ジムカーナシリーズ(動画)


第1作目は寂れた工場跡地でジムカーナを披露しています。

第2作目ではスバル・インプレッサを使っています。



パート1とパート2に分かれた第3作目。車がフォード・フィエスタに変更されています。

第4作目では米・カリフォルニアにあるユニバーサルスタジオで大規模な撮影をしています。


米・サンフランシスコが舞台の第5作目。市街地を閉鎖しての撮影です。


第6作目はDCシューズに変わり、ゲームで人気のニードフォースピードが主になって撮影されています。


第7作目は米・ロサンゼルスの市街地が舞台。チャイナタウンなどをドリフトで駆け抜けています。


第8作目はドバイの市街地。ドバイ警察のパトカーに囲まれてドリフトしています。

ライター:「アンドロイド村上」
ラリーやスタントドライバーとして有名なケン・ブロックですが、2011年にF1のテストドライバーとして活躍できるチャンスがありました。このときは彼の長身が仇となって、トヨタTF109に乗り込むことができずに断念となりましたが、オールラウンダーな才能を窺わせるエピソードですね。
おすすめの記事