「車と共に快適なカーライフブログ」の記事一覧

車のエンジンオイル添加剤の人気ランキング・おすすめ

車のエンジンオイル添加剤の人気ランキング・おすすめ エンジンオイルの性能を引き上げる効果があるエンジンオイル添加剤 車のエンジンはエンジンオイルを潤滑して各パーツを保護しています。エンジンオイルの添加剤はエンジンオイルの …

洗車用スポンジ・クロスの人気ランキング・おすすめ

スポンジやクロス選びが洗車の出来を左右する 洗車グッズの中で目立たない存在のスポンジやクロスですが、洗車の出来を左右する大切なアイテムであることをご存知でしょうか。 スポンジやクロスの種類を間違えると、愛車のボディに傷を …

撥水コーティング剤

雨天時の視界確保に有効なフロントガラス撥水コーティング剤 雨の日の運転で気になるのが前方視界ですね。フロントガラスに撥水加工をしておくと、ワイパーに頼らずにクリアな視界を確保できます。 業者に施行してもらうことも可能です …

車用100V電源

車内で家電製品が使えるDC/ACインバーター【100V】 インバーターがあれば車内で家庭用電化製品が使える キャンプや車中泊などで、家庭用コンセントが使えないような場所で過ごすときでも、インバーターがあれば車内で家庭用の …

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ【水性・油性・ひび割れ】

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ 黒々として艶のあるタイヤは車をキレイに見せる おしゃれは足元からというように、洗車してボディを磨き上げてもタイヤが汚れていたら台無しです。タイヤを水洗いしたあとにタイヤワックスを …

カーシャンプー選びは種類が多くて悩む 洗車をするときに必要なカーシャンプーですが、安いものから様々な機能を持つものなど、いろんな種類があって悩んでしまいますよね。今回は洗車に必要なカーシャンプーの選び方やおすすめについて …

車のホイールやタイヤの盗難防止対策【マックガード】

高価な車のホイール・タイヤを盗難から守る ホイールやタイヤはある意味、無防備な状態で車に装着されています。最近のホイール・タイヤは1本で10万円超も珍しくなくて、盗まれたときのショックは計り知れません。 高価なホイールを …

古い昔の車についていた装備・機能

急速な自動車の進歩で消えていった装備・機能 世の中がコンピューター制御や自動化が進むにつれて自動車も急速に進歩してきました。特に10~20年前からの自動車の進化は、それ以前のものと比較して雲泥の差を感じてしまいます。 今 …

アルミホイールのガリ傷を自分で補修する方法

ホイールのガリ傷を自分で直せるのか 車を縁石に寄せすぎたときに「ガリガリッ」という鈍い音が聞こえると、頭の中は「あー、やっちまった」感でいっぱいになってしまいます。 特に高価なアルミホイールにガリ傷をつけてしまったときの …

高圧洗浄機で洗車する方法・注意点・おすすめ

高圧洗浄機で洗車する人が増えている 洗車目的で高圧洗浄機を買う人が増加中です。ケルヒャーを始めとするいろんなメーカーから販売されている高圧洗浄機ですが、お手頃な価格になってきたことも人気の要因です。しかし高圧洗浄機の本来 …

車のシートカバーのおすすめ・人気メーカー

愛車を簡単にドレスアップできるシートカバー シートカバーを装着する人が増えており、子どもがいるファミリー層やおしゃれに敏感な女性から人気を集めているようです。シートカバーには様々な種類があり、安価な合成皮革から高価な本革 …

信号待ちでヘッドライトを消す必要はあるの?

信号待ちでヘッドライトを消すドライバーがいる理由はなぜか 信号待ちをしていると、対向車や隣の車がヘッドライトを消して待機していることがあります。周囲の車がヘッドライトを消すとなんとなく自分も消さないといけないのかなと思っ …

車のボディやガラスに貼られたステッカー・シールを剥がす方法120

意外とキレイに剥がすのが難しい車のステッカー 車には結構多くのステッカーやシール、デカール、ラベルなどが貼られています。新車で購入してもエコステッカーやディーラーのラベルが貼り付けられているし、中古車なら前のオーナーが貼 …

免許証の写真写りが良くなるコツ・ポイント【持ち込み・服】

60%近い人が免許証の写真に不満を持っている あなたは運転免許証の更新が憂鬱ではありませんか?ブルーなら3年、ゴールドなら5年毎にやってくる免許証更新ですが同時に顔写真も撮り直しです。この一発勝負とも言える免許証更新時の …

運転中のイライラを解消する方法・考え方【ストレス・煽り・渋滞】

車を運転中についついイライラしてしまうのを治したい 自分の思い通りに運転できないとストレスを感じ、イライラしてしまうことがありますね。他のドライバーの運転方法や渋滞などが原因で感情的になってしまうこともあります。 しかし …