ホンダN-BOXの自動車保険料が安い保険会社は?【30代男性】

ホンダN-BOXの自動車保険料はいくら?【30代男性】

ホンダN-BOXの自動車保険の見積もりを試算

軽自動車で販売台数No.1を誇るホンダN-BOXは、Nシリーズ共通のプラットフォーム、センタータンクレイアウト採用による低フロアやミニマムエンジンルームなどによって軽自動車最大の室内空間を実現した人気車です。

25.6km/Lの低燃費でエコカー減税の対象車となっているN-BOXなので自動車保険がいくらになるのか関心が高い方も多いことでしょう。そこで今回はホンダN-BOXの自動車保険見積もり試算してみたいと思います。

ホンダN-BOXの自動車保険見積もりの条件

見積もりを試算した保険会社

おとなの自動車保険(セゾン自動車保険)、ソニー損保

見積もり車種について

車種・・・ホンダN-BOX G ターボLパッケージ FF(型式DBA-JF1)
初年度登録・・・2016年7月

記名被保険者について

記名被保険者・・・30歳男性
家族構成・・・妻(30歳)と子供1人(5歳)
運転する人・・・本人と妻
居住地・・・東京都

自動車保険の内容

現在の等級・・・8等級
事故有係数適用期間・・・0年
使用目的・・・日常・レジャー目的
予想年間走行距離・・・1万km以下
免許証の色・・・ブルー
運転者の範囲・・・本人と配偶者に限定
対人賠償保険・・・無制限
対物賠償保険・・・無制限
搭乗傷害保険・・・なし
人身傷害保険・・・3,000万円
特約・・・弁護士費用特約、他車運転特約、無保険車傷害特約
車両保険・・・一般型オールリスク、160万円(免責5-10万円)

ホンダN-BOXの自動車保険の見積もり結果

保険会社 見積もり保険料(年払い)
おとなの自動車保険
66,050円
ソニー損保
59,150円

おとなの自動車保険よりも、ソニー損保のほうが7,000円ほど安い見積もりが出ました。両社ともにインターネット割引が10,000円適用されていて保険内容もほとんど同じなので、純粋に保険会社の違いによる差といえます。

代理店型自動車保険と比較する

今回は通販型(ダイレクト型)自動車保険2社で見積もりを比較してみましたが、参考までに代理店型自動車保険でも試算してみました。

代理店型自動車保険見積もり保険料 89,850円

もちろん保険内容などの条件は同じで試算しています。通販型の最安値と比較すると3万円近く代理店型は高いですね。

通販型自動車保険は無料一括見積もりサイトを使うと最安値が簡単に探せます。

→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりは最大で20社の見積もりを比較できます。数万円安くなることもあるのでぜひ一度試してみましょう。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
せっかく低燃費や維持費の安さを期待して軽自動車を買っても、保険料が高かったら本末転倒です。保険内容を同一で比較しても保険会社によって保険料の開きがあるので、できるだけ多くの見積もりの中から選ぶことをおすすめします。