メルセデスベンツ Aクラスの自動車保険料が安い保険会社は?【40代女性】

メルセデスベンツ Aクラスの自動車保険料が安い保険会社は?【40代女性】

メルセデスベンツ Aクラスの自動車保険の見積もりを試算

高級車で知られるメルセデスベンツの中で 、Aクラスは比較的手が届きやすい価格で人気のある車種です。

奥さんの買い物や子どもの送り迎えに最適なメルセデスベンツ Aクラスですが、心配になるのが維持費です。特に初めて外車オーナーになる方は自動車保険料が気になると思います。

そこで今回はメルセデスベンツ Aクラスを新車購入したときの、自動車保険料見積もり試算してみたいと思います。

メルセデスベンツ Aクラスの自動車保険見積もりの条件

見積もりを試算した保険会社

おとなの自動車保険(セゾン自動車保険)、SBI損保、GK クルマの保険(三井住友海上)

見積もり車種について

車種・・・メルセデスベンツ A180 AMG Style(型式DBA-176042)
初年度登録・・・2018年1月
ナンバー・・・3ナンバー

記名被保険者について

記名被保険者・・・41歳既婚女性
家族構成・・・夫と子供
運転する人・・・夫と妻
居住地・・・福島県

自動車保険の内容

現在の等級・・・15等級
事故有係数適用期間・・・0年
使用目的・・・日常・レジャー目的
予想年間走行距離・・・1万km以下
免許証の色・・・ゴールド
運転者の範囲・・・配偶者限定
対人賠償保険・・・無制限
対物賠償保険・・・無制限
搭乗傷害保険・・・なし
人身傷害保険・・・5,000万円
特約・・・弁護士費用特約、他車運転特約、無保険車傷害特約
車両保険・・・一般型オールリスク、350万円(免責5-10万円)

メルセデスベンツ Aクラスの自動車保険の見積もり結果

保険会社 見積もり保険料(年払い)
SBI損保
20,740円
おとなの自動車保険
59,530円
GK クルマの保険
101,090円

※SBI損保はインターネット割引10,000円と証券不発行割引500円が適用されています。

※おとなの自動車保険はインターネット割引10,000円が適用されています。また保険証券は不発行を選択しています。

今回の自動車保険の見積もり上位2社は通販型(ダイレクト型)自動車保険です。SBI損保が最安値となりましたが、これは車両保険が含まれていない対人・対物補償に対する保険料のみの結果だからです。

メルセデスベンツ Aクラスは外車です。一部の保険会社において、外車の車両保険を受け付けてくれないことがあります。しかし見積もりが無理であっても、申し込み段階で車両保険を受け付ける保険会社が存在するので一度確認してみましょう。

おとなの自動車保険で車両保険なしの条件で再見積もりしたところ、保険料は21,820円でした。結果として、対人・対物補償に対する保険料は、SBI損保とおとなの自動車保険でほぼ同じであることが分かりました。

今回最高値となったGK クルマの保険は代理店型自動車保険です。ディーラーや中古車販売店で保険の契約をすると自動的に代理店型自動車保険に加入することになります。このような結果を見ると手続きが簡単という理由だけで2倍近い保険料を払うのは考えものです。

メルセデスベンツ Aクラスの車両保険はいくらなのか

おとなの自動車保険の見積もりは一般型オールリスク車両保険、350万円(免責5-10万円)を付帯条件とした試算結果です。ちなみに車両保険をエコノミー型に変更した場合の保険料は35,930円でした。

この結果からおとなの自動車保険のエコノミー型車両保険の保険料は35,930円-21,820円=14,110円、一般型オールリスクの保険料は59,530円-21,820円=37,710円であることが分かりました。

もしSBI損保で車両保険を付帯しても同じような結果になると思います。

今回の見積もりは41歳、ゴールド免許、15等級という、比較的割引率が高い条件における試算結果なので車両保険も安く加入できます。しかし対人・対物補償の保険料と比べると高額なのは事実なので、車両保険は必要に応じて加入しましょう。

安い自動車保険を探すコツは無料一括見積もりサイトを使うことです。

→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりなら簡単な入力で最大20社の見積もりを比較できます。

今よりも保険料が数万円もお得になることがあるので、ぜひ一度試してください。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
対人・対物補償の保険料は外車、国産車に関係はなく、大差ありません。しかし車種によって外車の車両保険加入はなかなか困難なようです。修理費用の高さを考えると車両保険に入っておきたいところです。