東京海上日動の評価【自動車保険の口コミ・評判】

東京海上日動の評価【自動車保険の口コミ・評判】

日本最大級の損害保険会社が東京海上日動

東京海上日動は東京海上ホールディングスの子会社で、損害保険業界トップの保険料収入を得ています。

全般的に評判が高い保険会社で、保険料や補償内容を支持する人が多いようです。しかしこのような一般的な人気で自動車保険を選ぶのは考えものです。自分に合った自動車保険を見つけるには他社の保険と比較しなければなりません。

そこで今回は東京海上日動自動車保険「トータルアシスト」について、口コミ評判を紹介していきます。

東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト」の口コミ・評判

・代理店の対応のよさが大きいが、補償もしっかりしていた。(30代女性)

・事故のときの対応が早くて安心した。(20代男性)

・怪我をしたときの補償がしっかりしていた。(30代女性)

・ロードサービスが充実している。(60代男性)

・担当者の態度が悪くて他社に切り替えた。(40代女性 )

・保険料の高さと補償内容のバランスがよくない。(60代男性)

・治療を早く終わらせたいとうな対応で不安を感じた。(30代女性)

代理店にもよりますが、事故が起きたときの対応はおおむね良好と判断できます。東京海上日動は代理店型なので保険料は高めですが、それらが気にならなければ東京海上日動を選んでも問題ないでしょう。

一方で保険料の高さと補償内容のバランスの悪さを指摘する声があるのが気になります。対応力は高そうですが、担当者の質に左右されて納得がいかない補償内容になることも考えられます。保険料の安さを優先するのであれば候補から外れる保険会社ですね。

自動車保険を検討するときは1社だけを見て決めるのではなく、他社の見積もりと比較しながら選択するのが賢い方法です。

自分にとって一番安い自動車保険を見つけるコツは無料一括見積もりサイトを使うことです。

→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりで各社の保険料を比較して、お得な自動車保険を見つけてください。

東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト」の補償内容

基本補償

対人賠償責任保険

事故で相手を死傷させたときの補償

対物賠償責任保険

事故で他人の財物を壊したときの補償

人身傷害保険

自分や同乗者が死傷したときの補償

車両保険

自分の車が破損したときの補償

車両全損時諸費用補償特約

車が全損になったときに保険金の10%が補償される(車両保険に自動セット)

基本特約

弁護士費用等補償特約

もらい事故による裁判をするときに弁護士費用を補償

入院時選べるアシスト特約

事故で3日以上入院が必要なときに好きな補償を選べる

レンタカー費用等選べる特約

事故や故障で車が使えないときに好きな補償を選べる

オプション特約

対物超過修理費特約

相手の車の修理費が時価を超えた場合50万円を限度に補償

人身傷害の他車搭乗中および車外自動車事故補償特約

契約以外の車での事故や歩行中、自転車などの事故での死傷も補償

車両新価保険特約

車が全損したときに新車の購入費として保険金が支払われる

地震、噴火、津波危険車両全損時一時金特約

自然災害で車が全損したときに一時金が支払われる

車両無過失事故に関する特約

無過失事故で車両保険を使ったときにノーカウントとなる

他車運転危険補償特約

他人の車を運転中の事故での損害も補償

個人賠償責任補償特約

日常生活で他人を死傷させたときの補償

車内携行品補償特約

事故で車内にあった物が壊れたときの補償

ファミリーバイク特約

125cc以下のバイクを運転中の事故を補償

保険料の割引制度

運転者限定割引

運転者を限定することで保険料を割引

運転者年齢条件特約

運転者の年齢を限定することで保険料を割引

新車割引

初年度登録から25ヶ月以内の車なら保険料を割引

福祉車両割引

福祉車両なら保険料を3%割引

Eco割引

ハイブリッドや電気自動車なら保険料を3%割引

セカンドカー割引

2台目以降の契約なら7等級から始められる

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
東京海上日動には事故後に必要な補償を選択できる特約があります。事故の状況は様々なので費用は異なります。このような補償内容を選択できる特約があると非常に便利ですね。しかし代理店型自動車保険なので保険料との兼ね合いが問題です。