自動車保険契約時の年間予想走行距離をオーバーしたら補償されないのか

自動車保険の知識が深まるサイト「自動車保険 A to Z」の疑問質問に回答

自動車保険契約時の年間予想走行距離を超えた場合に関する質問

bg_answer_a

自動車保険契約時に申告した年間予想走行距離をオーバーしそうです。申告した走行距離を超えてしまうと保険金は出ませんか?

 

bg_answer_a

年間予想走行距離をオーバーして事故を起こした場合でも、ほとんどの保険会社で補償を受けられるようです。

 

 

通販型(ダイレクト型)自動車保険に多い走行距離区分

通販型(ダイレクト型)の自動車保険を中心として年間走行距離区分により割引制度が普及しています。

特に走行距離が少ないドライバーにとって合理的な割引ですが、申告した走行距離を超えてしまうことも考えられます。走行距離をオーバーしたときに事故を起こしたら、保険金がおりるか不安ですよね。

自動車保険の走行距離区分とは

年間の走行距離を設定する走行距離区分ですが、保険会社によって考えが異なります。

  • 今後1年間の予想走行距離を設定する
  • 過去1年間に走った走行距離を申告する

違いは未来なのか過去なのかという点です。いずれにしても走行距離が少なければ保険料が安くなり、走行距離が多くなれば保険料が高くなっていきます。

ただし今後1年間の予想走行距離を設定するタイプは注意が必要です。申告した走行距離を超えてしまうと問題が出ることがあるからです。

過去1年間に走った走行距離を申告するタイプの場合は、今年1年間何キロ走っても関係ありません。

申告した予想年間走行距離をオーバーしたら

もし申告した予想年間走行距離をオーバーしたときはどうしたらいいのでしょうか。そのときは差額分の保険料を支払わなければなりません。

予想年間走行距離を超えそうになったら保険会社に連絡して、保険料を再計算してもらいます。そして差額分を支払えばOKです。

もし予想年間走行距離を超えてしまったときは、気づいた時点で保険会社に連絡します。そうすれば保険会社が保険料の差額分を請求してきます。

年間予想走行距離をオーバーして事故を起こした場合

年間予想走行距離をオーバーして事故を起こしても補償内容には影響しません。差額分の保険料を支払うことで問題なく補償を受けられます。

ただし明らかな虚偽申告があった場合は保険金の支払いを拒否されることがあります。1万キロ以上走行距離をオーバーしたり、常に虚偽申告していた場合は支払い拒否の対象になります。自己申告といえども正直に申告するようにしましょう。

一番安い自動車保険を探すなら無料一括見積もりサービスを利用してみましょう。おすすめのサイトは→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりです。

たった3分の入力時間で色々な保険会社のプランを比較できて、その中から一番安い自動車保険を探せます。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
自動車保険料は年間走行距離だけで決まるものではありませんが、走行距離は割引を左右する重要なファクターです。自己申告する部分は不備がないようにして、自動車保険を契約するようにしてください。