自動車保険に入るベストなタイミング・時期【新車・納車】

自動車保険の知識が深まるサイト「自動車保険 A to Z」の疑問質問に回答

自動車保険に入るベストなタイミング・時期に関する質問

bg_answer_a

車の購入と合わせて自動車保険への加入を検討しています。自動車保険はどのようなタイミングで契約するのがベストですか。

 

bg_answer_a

納車された時点から保険の効力が発生するように始期日を設定するのが正解です。これは新車でも中古車でも同じことです。

 

 

自動車保険は納車日を保険始期日に設定しておく

初めての車購入となると自動車保険(任意保険)の加入タイミングが分かりませんよね。しかし納車直後から安心して乗るためには保険始期日の設定がポイントとなります。

保険始期日は納車日に設定します。新しい車が納車された時点から保険が有効になっていないと事故を起こしたときに補償されません。

これは新車購入でも中古車購入でも同じで、個人売買や車を譲り受けたときも同様です。

新車購入時の自動車保険の加入タイミング

前述したように納車日から保険が有効になるように始期日を設定しますが、新車購入の場合は自動車保険の加入に必要な書類である車検証がまだ手元に届いていないはずです。

この場合は新車登録を行った時点でディーラーから車検証のコピーをもらいます。通常、新車登録は納車日の数日前に行うので、納車日前であっても車検証は発行されています。

車検証のコピーさえ手に入れば、手元に車がなくても自動車保険の契約が可能です。

なお保険の契約は保険始期日の90日前から受け付けているので、車検証のコピーが入手でき次第、早めに契約を済ませておきましょう。保険料は保険始期日から発生するので、早めに契約しても心配はありません。

もちろん納車日を間違えないように細心の注意を払うのは当然のことですね。

中古車購入時の自動車保険の加入タイミング

中古車購入時の自動車保険の加入タイミングは新車購入時と同じですが、流れ自体はスムーズに行えます。

中古車はすでに登録された車であり、車検証が備わっています。

名義変更前で自分の名義になっていなくても、前所有者または中古車販売店の名義のままコピーをもらって、自動車保険の見積もりを行えばOKです。

個人売買で購入する場合や知り合いなどから車を譲り受けるときは、納車日がはっきりしないことがあります。

このようなときは保険始期日を納車予定日の前に設定しておきましょう。

一番安い自動車保険を探すなら無料一括見積もりサービスを利用してみましょう。

おすすめのサイトは→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりです。

たった3分の入力時間で色々な保険会社のプランを比較できて、その中から一番安い自動車保険を探せてとても便利です。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
自動車保険の加入は、保険開始日が納車日になるようにするのがベストなタイミングです。くれぐれも納車日以降に保険始期日がこないように設定してください。納車日が決まったら自動車保険の検討開始ですね。