自動車保険(損害保険)と生命保険の違い

自動車保険(損害保険)と生命保険の違い

自動車保険(損害保険)と生命保険では種類や補償対象が異なる

この世の中、いつなにが起こるか分かりません。そんな不測の事態に備えるのが「保険」の役目ですが、様々な補償に対応すべく保険にもいろんな種類があります。

保険には「損害保険」と「生命保険」があって、自動車保険は損害保険の一種です。今回は損害保険生命保険違いについて紹介していきましょう。

損害保険とは

損害保険とは物に対する保険で、物的な損害を補償します。

車を対象とした自動車保険も損害保険の一種です。自動車保険には法律で契約が義務付けられている「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と任意契約の「自動車保険」があります。

自賠責保険で補償されるのは対人賠償だけです。また自賠責保険だけでは損害賠償が足りないことがあります。

自賠責保険で不足した損害補償をカバーするのが自動車保険です。自動車保険には他人の自動車や建物などに対する損害を補償する保険や、乗車していた人に対する保険などがあります。

自動車保険以外の損害保険

火災保険

火災、落雷、破裂・爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災、水災、外部からの飛来物、水濡れなどの自然災害、盗難によって被った損害、それらの災害による被害を回復するための費用といった建物や家財の損害を補償する保険です。

地震保険

地震や噴火、それに伴う津波や火災による建物や家財の損害を補償する保険です。 地震保険に単独で契約することはできず、火災保険とセットで加入することが条件となっています。

傷害保険

人に関わる損害を補償するのが傷害保険です。日常生活の中で発生した怪我の治療費・入院費の補償や交通事故による怪我や携行品の損害を補償してくれます。

その他にも自転車保険や旅行保険、ゴルファー保険など様々な損害保険が存在します。

人に関わる保険が生命保険

人間が生きていくには怪我や病気、死亡など様々なアクシデントが降りかかってきます。このような想定外の事態が発生したときに家族や遺族の生活費を確保するのが生命保険です。

生命保険にも種類があって、死亡保険が付いたものでも終身保険、定期保険、収入保障保険、養老保険の4種類があります。

現在の生命保険には死亡だけでなく、怪我や病気といった身体上のアクシデントに備えた保険も販売されています。

怪我や病気の治療費・入院費に備える医療保険や、ガンに特化したガン保険、介護状態になったときに保障を受けられる介護保険など数多くの生命保険が販売されています。

一番安い自動車保険を探すなら→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりサービスがおすすめです。

入力時間たった3分で複数の保険会社から見積もりがもらえて、いろいろな保険会社のプランを比較できるのでとても便利です。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
時代の変化と共に保険の選び方も変わってきているようです。普段は気にならなくてもイザというときに私たちの生活を守ってくれるツールとして頼りになる保険ですが、自分のニーズに合った保険を選んで契約することが大切なことのようです。