ダイレクト型(通販型)自動車保険のメリット・デメリット

ダイレクト型(通販型)自動車保険のメリット・デメリット

急激にシェアを拡大するダイレクト型(通販型)自動車保険

テレビを見ているとダイレクト型通販型自動車保険のCMがやたら目につきます。

昔からある自動車保険会社も健闘していますが、コストを抑えたダイレクト型が人気です。

でも通販なんかで自動車保険を選んでも大丈夫なのか、不安に思う方も多くいるようです。

そこで今回はダイレクト型(通販型)自動車保険のメリットデメリットを紹介していきます。

ダイレクト型自動車保険のメリット

保険料が安い

ダイレクト型自動車保険の最大のメリットが保険料の安さです。

代理店型では代理店手数料や店舗経費などが保険料に含まれていますが、ダイレクト型はそれらが不要なためです。補償内容がまったく同じであってもダイレクト型のほうが保険料が安くなります。

手続きが簡単

インターネットですべて完結するダイレクト型自動車保険は手続きが簡単で迅速です。さらにダイレクト型は担当者を介さないので煩わしさがありません。

人と人の繋がりが見えたほうが安心する人は代理店型のほうがいいでしょう。

補償内容やロードサービスが充実している

保険料の安さから不安を覚える人が多いダイレクト型自動車保険ですが、補償内容そのものは代理店型と同じです。

むしろ代理店手数料や店舗経費をカットした分をロードサービスなどに回しているので、ダイレクト型のほうが補償内容やロードサービスが充実していると感じている人が多くいます。

ダイレクト型自動車保険のデメリット

ダイレクト型自動車保険のデメリットは担当者が契約を仲介しないということです。ダイレクト型の場合は契約や補償内容に関することを自分で調べて決めなければなりません。

自動車保険に関して十分な知識がない人は契約の際に補償内容の選択を誤り、事故を起こしたときに十分な補償を受けられない事態も想定されます。

代理店型自動車保険であれば自分に合った補償内容の提示や契約手続きを担当者が代行してくれるので、基本的に契約者がすることはありません。

事故を起こして保険会社に連絡したとき、ダイレクト型の場合は電話対応した担当者が事故現場に来ることはありません。事故対応や補償の手続きそのものには影響しませんが、担当者が事故現場に来ることが多い代理店型に比べて不安になる人が多いのも事実です。

通販型自動車保険を検討するなら→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりサービスがおすすめです。

入力時間たった3分で複数の保険会社から見積りがもらえるのでとても便利です。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
ダイレクト型自動車保険の保険料の安さの理由は余分な経費を省いているからです。自分ですべてできる人ならメリットだらけの保険ですが、自動車保険の知識がない人、コストを掛けても対面で付き合いたい人は代理店型を選びましょう。