駐車中の当て逃げ・いたずら傷を車両保険で補償できるのか

駐車中の当て逃げ・いたずら傷を車両保険で補償できるのか

駐車中に当て逃げやいたずらされた傷を自動車保険で直せるのか

自動車保険は交通事故以外の車の修理も補償されます。ただしそれは車両保険を付帯しているときに限ります。

そこで今回は、駐車中の当て逃げいたずら傷車両保険で補償されるのか?このようなケースのときはどうなるのか?について紹介していきます。

駐車中の当て逃げやいたずら傷は車両保険で補償される

駐車中の当て逃げやいたずら傷は、車両保険を付帯していれば修理代を補償されます。

車両保険を契約していなければ保険を使って修理することはできません。もし車両保険未加入の場合は保険の見直しをおすすめします。

車両保険は2種類あって、それぞれ補償される範囲が異なります。

一般型車両保険

オールリスクの補償で、車対車以外にも自損事故、当て逃げ、自然災害、イタズラ、盗難などを補償する保険です。相手の有無に関わらず補償されますが保険料は高くなります。

エコノミー型車両保険(車対車+A)

車同士の事故でのみ補償される保険です。事故の相手が特定できない場合や自損事故は補償されませんが、一般型車両保険より保険料が安くなります。

盗難や自然災害を補償しない、純粋に車対車のみを補償するタイプもあります。

駐車中の当て逃げやいたずらによる傷、落書き、飛び石などによる窓ガラス破損などは車両保険の補償対象です。設定金額から免責分を差し引いた保険金が支払われます。

※タイヤ単体の損害は保険金支払いの対象外です。ただし、ホイールにいたずらされた場合、車同士の接触によって車体とタイヤに損害を受けたときは車両保険で保険金が支払われます。

車両保険を使うと翌年の保険料が高くなる

車両保険を使って駐車中の当て逃げやいたずらによる傷、落書き、飛び石などによる窓ガラス破損などを修理した場合、翌年の契約は1等級ダウンして事故あり係数が適用されます。その結果、保険料がアップします。

参考記事:自動車保険の等級が下がる1等級ダウン事故とは

翌年の保険料アップ分を考えると、車両保険を使わずに自腹で解決したほうが安く済むことがあります。車両保険を使うときは損益分岐点を考えて判断したほうがよさそうですね。

おすすめの無料一括見積もりサイトが→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりです。

自分に合った車両保険を見つけて保険料を節約してください。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
当て逃げや車にいたずらされるとガッカリしてしまいますね。そんなときに役に立つのが車両保険です。スーパーなどの駐車場に停めるときは、店舗の入口周辺を避けて、当て逃げに遭いにくい場所に駐車すると自衛策になります。