車両保険で過去の傷を便乗修理できるのか

車両保険で過去の傷を便乗修理できるのか

車両保険を使うときに過去の傷を合わせて修理できるのか

交通事故を起こして車を修理するときに、前からある傷も一緒に直せたらうれしいですね。

車両保険を使って修理するときに、過去に破損した箇所と合わせて修理できるのでしょうか。

自動車保険の基本は1事故に対して1回の保険適用

自動車保険の基本は「1事故に対して1回の保険適用」です。

1回の事故で複数個所を破損した場合は1回の保険金請求で済みますが、複数回の交通事故で破損した箇所がある場合は事故の回数に応じて保険を適用します。

そのため、車両保険を使って修理するときに過去に破損した箇所も合わせて保険請求をすると「2事故扱い」になってしまいます。

この場合、等級は2事故として扱われるので最大で6等級ダウンします(1事故で3等級ダウンする場合)。

もし2事故分を請求するときは保険料アップのことを考えて、場合によっては保険請求せずに自腹で直したほうが安上がりになるかもしれません。

参考記事:自動車保険の保険料が上昇する3等級ダウン事故とは

過去に破損した箇所と合わせて1事故として保険請求するとどうなるのか

それでは過去に破損した箇所と合わせて、1事故として保険金を請求するとどうなるのでしょうか。

これは立派な保険金詐欺です。発覚したときは保険金をもらえないだけでなく、契約更新ができなくなる可能性があります。

保険会社の調査担当者は日々交通事故調査をしているプロです。嘘をついてもすぐに見破るので正直に請求しましょう。

過去の保険請求権利は3年間まで

自動車保険請求には時効があって、交通事故を起こしてから3年以内に行使しないと権利が消滅してしまいます。

しかし法律上は3年以内の保険請求が可能ですが、実際には事故から時間が経つほど損害箇所の調査に時間が掛かって保険請求が期限内に終わらないことが考えられます。

保険請求したのに調査に時間が掛かって保険金がもらえなくなったら最悪ですね。そうならないためにも交通事故を起こしたらすぐに修理依頼するようにしましょう。

車両保険の検討はできるだけ多くの保険会社から見積もりをもらって比較しましょう。数ある無料一括見積もりサイトの中でおすすめなのが→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりです。

様々な車両保険のプランを比較して自分に合った保険を選んでください。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
過去に破損した箇所と合わせて修理することは可能ですが、等級ダウンと保険料アップのことを考えておかないと結果的に損をしてしまいます。修理業者によっては過去の傷も1事故として請求することを持ちかけてくることがありますが、そのような誘いに乗ってはいけません。