事故を起こしたら修理前に車両保険の請求をする【理由・期限・方法】

事故を起こしたら修理前に車両保険の請求をする【理由・期限・方法】

事故が発生したら必ず保険会社に連絡を入れて修理の承諾を受ける

車両保険に加入していても保険会社の承諾を得ずに修理すると、保険金が支払われないことがあります。これは保険会社が交通事故の事実関係や妥当な損害額、修理費を調査できなくなる恐れがあるからです。

保険会社への通知義務

自動車保険の約款の中に事故発生通知義務があり、修理に取り掛かる前に保険会社の承諾を受ける趣旨が述べられています。

通知義務がある理由は、事故の事実関係や損害額、修理費などを保険会社が調査できなくなる恐れがあるからで、規定によって定められています。

保険会社に事故発生を報告せずに車の修理をした場合、事故と損害の関係が妥当であると認められないときには保険金が支払われないことがあります。

仮に事故発生の報告をしていても、保険会社の承認前に車の修理を始めてしまうと保険金が下りないケースがあります。

自動車保険の請求期限

自動車保険に限らないことですが、保険には請求期限があります。自動車保険の場合は自賠責保険、任意保険共に、保険金請求権が発生した翌日から3年間が請求期限です。

しかし請求後すぐに保険金が出るとは限らないので、できるだけ早く請求しておきましょう。保険請求に時間が掛かるときは保険会社に理由を説明しておきます。

最近の自動車保険の場合、事故の相手がいない単独事故で車両保険を使っても等級が据え置きされて、翌年の保険料がアップしない扱いが増えています。契約内容にもよりますが、事故が発生したときは必ず保険会社に連絡を入れておきましょう。

車両保険の請求方法

交通事故が発生したら、まず警察に連絡します。(駐車場などの私有地内における事故の場合、警察への届け出が必要なのか保険会社に確認します。)警察からは後日、事故証明書をもらっておきましょう。そして保険会社に事故が発生したことを連絡しておきます。

車両保険を使って修理する場合、修理業者が提示した見積りを保険会社から承認を得た上で修理を開始します。保険会社から承認を受けずに修理を開始すると、保険金が支払われないことがあるので注意が必要です。

修理費用の支払いは保険会社が行います。免責がある場合は免責相当分を自分で支払わなければなりません。もし自分の銀行口座に保険金が振込まれた場合は、自分で修理業者に支払いをします。

自動車保険の見積もりは無料一括見積もりサイトを利用すると便利です。数あるサイトの中でおすすめなのが→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりです。自分の車に合った車両保険を選んで、万が一の事故に備えましょう。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
自損事故の場合、相手がいないから大丈夫だろうと判断して保険会社に連絡せずに修理に出してしまう方がいるようですが、保険金が下りない可能性があるので注意してください。保険を使うときはどんなケースであっても保険会社への連絡が必要です。