タイヤがパンクしたときの修理代は車両保険から出るのか

タイヤがパンクしたときの修理代は車両保険から出るのか

タイヤの損害は補償される範囲が限られている

車のタイヤがパンクしたときに、車両保険を使うことができるのでしょうか。タイヤを交換するとなると結構な出費になるので、車両保険で補償されたら助かりますよね。

ところがタイヤの損害は補償される範囲が限られているのです。

タイヤが単独で破損したときは車両保険で対応できない

パンクなどでタイヤが単独で破損した場合、車両保険の補償を受けることができません。これは保険会社の約款に保険金を支払わないケースとして下記のように記載されているからです。

チューブを含むタイヤに生じた損害。ただし被保険自動車の他の部分と同時に損害を被った場合、または火災もしくは盗難によって損害が生じた場合を除く。

補償されない理由はタイヤが消耗品であるからです。そのためタイヤのみが損害を受けた場合は車両保険の適用外となって保険金が支払われません。

たとえいたずらによるパンク被害であっても、タイヤだけがパンクして車体に被害がない場合は、残念ながら保険金は出ません。

車両保険でタイヤの損害が補償されるケース

車両保険で補償されないのは「タイヤが単独で破損したとき」です。パンクと同時に車の他の部分に損害を受けていれば、タイヤを含めた全体の損害に対して車両保険が使えます。

車同士の事故でフロント部分が破損してタイヤがパンクしたケースや、走行中に側溝に落ちて車体に傷が付きタイヤがパンクしたケースなどでは問題なく補償されます。

ただしエコノミー型車両保険で車対車限定特約をつけている場合は、車同士の事故でなければ補償されません。

どこまでをタイヤと判断するのかは保険会社次第

タイヤ本体のみをタイヤと見るのか、ホイールも含めてタイヤと見るのかは、保険会社によって判断が異なります。

ホイールも含めてタイヤと見る保険会社の場合、ホイールに付いた傷などの損害は補償されません。

おすすめの無料一括見積もりサイトが→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりです。

自分に合った車両保険を見つけて保険料を節約してください。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
いたずらによるパンクであってもタイヤ以外に損害がなければ補償されないというのは少し納得できないかもしれませんが、約款に記載されている以上、仕方ありませんね。運転ミスでのパンクは車両保険が使えないことが多いので、できるだけ運転ミスをなくしたいものです。