自賠責保険に1ヶ月契約があるのは車検切れや廃車のため

自賠責保険に1ヶ月契約があるのは車検切れや廃車のため

なぜ自賠責保険の契約期間に1ヶ月契約があるのか

通常の自賠責保険は車検の有効期間分加入するので、普通乗用車の場合は24ヶ月(25ヶ月)や36ヶ月(37ヶ月)といった長期で契約をします。

1ヶ月単位で契約することもできますが、保険料がかなり高くなるので一般的ではありません。それでも1ヶ月単位で契約できるのには理由があります。

車検切れの車を再び車検に通すときに1ヶ月契約を選ぶ

車検切れの車を再び車検に通すときに、自賠責保険に1ヶ月だけ加入することがあります。

車検切れの車は公道を走れません。車検場に持って行くにはレッカー車に載せるか、仮ナンバーを取得して自走できるようにします。

仮ナンバーの取得申請には自賠責保険の証明書原本が必要です。そのためにあらかじめ自賠責保険に加入しておく必要があり、1ヶ月分だけ加入することがあります。

しかし自賠責保険を1ヶ月単位で契約すると非常に割高なので、特別な理由がなければ25ヶ月契約で加入したほうがお得です。

車を廃車にするときも1ヶ月契約で加入することがある

廃車にする車は車検が切れていることが多くて、廃車の買い取り業者や解体業者まで運搬するにはレッカー車で運ぶか、仮ナンバーを取得して公道を走れるようにしなければなりません。

そのために車を廃車にするときも自賠責保険に1ヶ月だけ加入することがあるのです。

廃車処理を自分ですることも可能ですが、廃車買い取り業者に任せたほうが楽ですね。当サイトがおすすめする廃車買い取り業者が→→→カーネクストです。

廃車手続き・レッカー無料で、全国どこでも引き取りにきてくれてとても助かりますよ。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
1ヶ月単位で加入できる自賠責保険ですが、ひと月当たりの保険料がとても割高なのであまり契約する人はいないようです。車検切れの車を再び車検に出すときの自賠責保険は25ヶ月契約、廃車にするときは廃車買い取り業者をうまく使って少しでもお得になるように工夫したいですね。