自賠責保険は共同事務プールで運営されている

自賠責保険は共同事務プールで運営されている

自賠責保険料は共同事務プール制度で安く抑えている

自賠責保険ノーロス・ノープロフィットの原則を元に運営することが義務付けられていて、保険会社は利益も損失も出さないことを求められています。

自賠責保険料が安いのは純保険料率と付加保険料率で構成されているからです。そしてもうひとつの理由が共同事務プール制度の存在です。

自賠責保険の共同事務プール制度とは

自賠責保険料は純保険料率と付加保険料率で構成されています。純保険料率は保険金の支払いに充てられて、付加保険料率は人件費などの経費です。

自賠責保険は利益をとっていないために、保険金の支払いが増えると赤字になってしまいます。

そのため、純保険料率を1ヶ所に集めて、配分率に応じて各保険会社に分配する仕組みを採用しています。これを共同事務プール制度とよんでいて、配分率は前年度の純保険料率実績や収支などによって算出されます。

共同事務プール制度があるために、想定以上の保険金支払い請求がきても赤字にはなりません。よって保険会社は安心して自賠責保険の運営ができるようになります。

自賠責保険料が高くなってはいけない理由

自賠責保険はすべての車が加入する強制保険です。誰もが加入する保険なので高額にしてはいけないのです。

任意保険の加入率は70%程度ですが、100%にならない理由は保険料の高さにもあります。

そのために自賠責保険料は低額に抑えているのですが、安すぎれば保険金の支払いに支障をきたしたり、保険会社が赤字になってしまいます。

そこで保険料と被害者救済を両立させるために考え出された制度が共同事務プールです。

この制度があるおかげで安い保険料の実現と自賠責保険の補償が確保されているのです。

任意保険の加入を検討するときは→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。

簡単な入力で複数の保険会社から見積もりをもらえてとても便利です。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
共同事務プール制度がなければ保険金の支払いに不公平が生まれて、保険会社の経営に悪影響を及ぼすことが考えられます。共同事務プール制度があるために各保険会社の保険金の支払いが平等・平均化されて、安い保険料で運営できるようになっています。