原付自転車(スクーター)・250cc以下のバイクの自賠責保険【期限切れ】

原付自転車(スクーター)・250cc以下のバイクの自賠責保険【期限切れ】

原付や小型バイクは自賠責保険の期限切れに気づきにくい

自動車だけでなくバイク自賠責保険の加入が義務付けられています。しかし車検がない250cc以下のバイクや原付自転車は、自賠責保険の期限切れに気づきにくいので注意が必要です。

今回は原付自転車や250cc以下の小型バイクの自賠責保険について紹介していきます。

原付自転車や小型バイクも自賠責保険加入が必須

原付自転車や小型バイクを所有している人は「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」に加入しなければなりません。強制保険ともいわれている自賠責保険はドライバーの義務です。

自賠責保険に未加入や期限切れになった原付自転車や小型バイクを運転すると「無保険運行違反」となって、交通違反の罰則や罰金の対象になってしまいます。

無保険運行違反の罰則や罰金

・1年以下の懲役または50万円以下の罰金
・違反点数6点加算

無保険運行違反運転をすると一発で免停です。くれぐれも期限切れには注意しましょう。

自賠責保険が切れた原付や小型バイクで事故を起こしたらどうなる

自賠責保険は交通事故の被害者に対して保険金を払う補償です。もし自賠責保険が切れた原付自転車や小型バイクで事故を起こして他人を死傷させた場合、自腹で賠償金を支払わなければなりません。

自賠責保険の上限補償金額

・死亡の場合 3,000万円
・後遺障害 4,000万円
・傷害 120万円

自賠責保険の補償額は決して高くありません。そのため上限補償金額が実際の賠償額を超えることも珍しくありませんが、自腹を切ることを考えれば必要不可欠な金額なのかもしれません。

もちろん余裕があれば、任意保険へ加入して補償を万全にしておくことをおすすめします。

原付自転車や250cc以下の小型バイクの自賠責保険の更新方法

排気量251cc以上のバイクは車検のときに自賠責保険を更新します。しかし原付自転車や250cc以下のバイクは車検がないために、更新時期が近づいたら自分で自賠責保険の更新をしなければなりません。

自賠責保険の満期が近づくと更新案内が届く

自賠責保険の有効期限が近づくと保険会社から「更新案内」が郵送で送られれきます。これを見逃さなければ更新し忘れることは少ないはずですが、転居などで住所が変わったのに保険会社に変更届けを出していないと案内が届かなくなります。

自賠責保険の保険料はいくらなのか

自賠責保険の保険料は一律料金です。そのためどの保険会社で契約しても保険料は同じです。

保険期間は1年単位、まとめて最長5年分を払うことができます。複数年契約になるほど1年あたりの保険料が安くなってお得です。

125cc以下の原付自転車の自賠責保険料

1年・・・7,280円
2年・・・9,870円
3年・・・12,410円
4年・・・14,890円
5年・・・17,330円

126cc以上250cc以下の軽二輪の自賠責保険料

1年・・・9,510円
2年・・・14,290円
3年・・・18,970円
4年・・・23,560円
5年・・・28,060円

自賠責保険の更新はいつまでにどこでやればいいのか

原付自転車や250cc以下のバイクの自賠責保険の更新は満了日の1ヶ月前から可能です。更新に必要なものは現在加入している自賠責保険の証明書、または自賠責共済の証明書とお金です。もし証明書を紛失したときは保険会社に連絡して再発行手続きをしましょう。

自賠責保険の更新の以下の場所でできます。

・バイク店や修理工場
・保険代理店
・コンビニ(インターネット予約または設置してある端末で手続きします)
・郵便局
・保険会社のサイト上で更新(保険始期日の1日前まで受付可能です)

自賠責保険が切れていることに気づいたらすみやかに更新しましょう。更新手続きが完了するまでの間は無保険状態になるので絶対に運転してはいけません。

自動車保険の加入を検討するなら→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりサービスを利用してみましょう。

原付自転車や250cc以下のバイクの任意保険は、自動車保険の原付自転車特約を選べば安く加入できますよ。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
自動車と違って車検がない原付自転車や250cc以下のバイクは自賠責保険の更新を忘れがちですが、事故を起こしてから期限切れに気づいても時すでに遅しです。更新の案内が届いたら早めに手続きすることをおすすめします。