自動車保険の自損事故保険

自動車保険の自損事故保険

単独事故による損害を補償する自損事故保険

相手がいない単独事故や、自分に100%過失がある事故での死傷を補償するのが自損事故保険です。

対人賠償保険自賠責保険だと自分(運転者)に対する補償がありませんし、単独事故や過失100%事故も補償されません。そのようなときに頼りになるのが自損事故保険です。

自動車保険の自損事故保険とは

ガードレールへの衝突といった単独事故や、停止している車への追突など、自分に100%過失がある事故を起こしたときに、契約車両の搭乗者の死亡や怪我を補償する保険が自損事故保険です。

自損事故保険は最低限の補償であり、人身傷害補償保険に加入しているときは補償内容が重複するので、自損事故保険を外すことが多いようです。

また保険会社によっては、対人賠償保険を契約すると自損事故保険が自動的に付帯されることがあります。

自損事故保険の補償内容

自損事故保険の一般的な補償内容は以下の通りです。

  • 死亡保険金 1,500万円
  • 後遺障害保険金 傷害の等級に応じて50~2,000万円
  • 介護費用保険金 200万円(所定の要介護状態になった場合)
  • 医療保険金 入院日額6,000円、通院日額4,000円(上限100万円)

自損事故保険の補償限度額は基本的に変更することができません。

なお、自損事故保険は自賠責保険などによって補償が受けられない場合に限って支払われます。

自損事故保険を使うと等級が3等級下がる

自損事故保険を使うと等級が3等級下がってしまい、翌年からの保険料が大幅にアップしてしまいます。

治療費があまり掛からない事故のときは自己負担にするなどして、状況に応じて保険を使うのか判断したほうがいいでしょう。

自動車保険の新規加入や更新時期が近づいたときは→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりサービスで見積もりをもらうのがおすすめです。

たった3分の入力時間で色々な保険会社のプランを比較できて便利ですよ。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
単独事故を補償する自損事故保険は頼りになる保険ですが、翌年の等級に影響してしまうのがネックです。加入を検討するときは人身傷害補償保険との兼ね合いや、補償内容・範囲をしっかり確認しておきましょう。