自動車保険の人身傷害補償保険

自動車保険の人身傷害補償保険

実際に生じた損害額に対して補償が受けられる人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、契約車両に乗っている人が死傷したときに補償を受けることができる保険です。この保険のポイントは過失割合にかかわらず、実際に生じた損害額に対して保険金が支払われることです。

そこで今回は自動車保険人身傷害補償保険について紹介していきます。

自動車保険の人身傷害補償保険とは

人身傷害補償保険は過失割合に関係なく、実際に生じた損害額を補償する保険です。

通常の場合、相手の自動車保険から受け取れる保険金は過失割合によって減額されてしまいます。しかし人身傷害補償保険に入っていれば、たとえ自分に100%の過失がある事故であっても過失割合にかかわらず実際の損害額が支払われます。

※すでに事故の相手から損害賠償金や労災補償制度による給付金を受け取っているときは、その金額分が差し引かれた保険金が支払われます。また保険金を受け取ったあとの相手側に対する損害賠償請求権は保険会社に移行します。

参考記事:自動車保険の人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の違いとは

人身傷害補償保険の特徴

人身傷害補償保険補償の対象となる人は以下の通りです。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者(内縁の妻も含む)
  • 記名被保険者と同居している親族
  • 記名被保険者と別居している未婚の子供
  • 事故発生時に契約車両に同乗していた他人

記名被保険者や同居の親族だけでなく、契約車両に同乗していたすべての人が補償対象です。人身傷害補償保険で補償される範囲はかなり広いといえますね。

人身傷害補償保険特徴は以下の通りです。

  • 事故による死傷に対して実際にかかった損害額を補償する
  • 単独事故でも補償する
  • 歩行中や契約車両以外の事故でも補償する
  • 示談が成立する前に保険金がもらえる
  • 事故の相手が無保険であっても補償する

人身傷害補償保険はあらゆる事態であっても保険金が支払われる保険です。人身事故の場合は示談交渉が長引くことが多くあり、保険金の支払いまでに時間が掛かることがあります。

しかし人身傷害補償保険に入っていれば、示談成立を待たずに保険金を受け取ることが可能です。そのため治療費や休業補償を心配せず、治療に専念することができます。

人身傷害補償保険の注意点

非常にメリットが多い人身傷害補償保険ですが、物損事故や自損事故による自分の車の損害などは補償されません。また補償内容が充実している分、保険料が高めです。補償内容と保険料のバランスを見ながら付帯するようにしてください。

自動車保険の新規加入や更新時期が近づいたときは→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりサービスで見積もりをもらうのがおすすめです。たった3分の入力時間で色々な保険会社のプランを比較できて便利ですよ。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
人身傷害補償保険は非常に手厚い補償を受けられる保険です。しかし保険料が高いというデメリットがあって、契約者によっては搭乗者傷害保険のほうが合っていることもあります。人身傷害補償保険を検討するときは、設定金額や補償範囲を限定することで保険料を節約できます。