自動車保険に初めて加入するときの注意点【等級】

自動車保険に初めて加入するときの注意点【等級】

初めて自動車保険に加入するときは補償内容をしっかりとチェック

自動車保険に新規で加入する方は免許取り立ての初心者であることが多いようです。初心者ドライバーはまだ運転に慣れていないので、交通事故を起こして自動車保険を使う率が高い傾向があります。そこで今回は初めて自動車保険に加入するときの注意点について紹介していきます。

自動車保険で重要なのが補償内容と補償金額

自動車保険は交通事故を起こして他人を死傷させてしまったときに、自賠責保険の補償上限を超過した分の損害賠償金を支払うための保険です。そのためもっとも重要なのが「補償内容」と「補償金額」です。

対人や対物補償はまよわず「無制限」にするべきです。交通事故の相手を選ぶことはできません。どのような賠償金額になるのか予想することは不可能なので、浅はかな考えで補償金額に上限を設定するべきではありません。

補償される事故・補償されない事故についても確認しておきましょう。事故を起こしたときに保険金が出ないなんてことにならないように、約款などをきちんと把握しておきます。

人身傷害保険は必要なのか

事故の相手に対する補償が十分でも、自分や同乗者に対する補償がないと事故を起こしたときに後悔します。自分や同乗者の怪我を補償するのが「人身傷害保険」ですが、被害が深刻になりがちな交通事故に備えて必ず加入しておきましょう。

保険代理店の言いなりにならない

初めての自動車保険なので、まずは代理店にすべてをお任せしてしまうのもアリかもしれません。しかし中には自分たちの利益を優先したプランを提供してくる代理店が存在します。

自動車保険のことを勉強していないと見極めるのが難しいかもしれませんが、単純に代理店の言いなりになることはおすすめできません。

自動車保険の等級は6等級からスタートする

初めて自動車保険に加入した方は6等級からスタートします。さらに新規加入者の場合は年齢によって細分化されて保険料が決定されます。

同じ6等級でも年齢が若くなるほど保険料が高くなります。これは若い人ほど事故の発生率が高いからです。

すでに自動車保険に加入している家族がいる場合

もしあなたの家族に自動車保険に加入している人がいて、11等級以上であればセカンドカー割り引きを使うことで保険料を安くすることが可能です。セカンドカー割り引きで契約すれば7等級からスタートできます。

その他にも家族間の等級引き継ぎを使うことで保険料を安くできます。もし家族の誰かが20等級の自動車保険契約を結んでいる場合、家族間の等級引き継ぎを行うことで新規加入者であっても20等級からスタートすることができます。

ただしこの場合は引き継ぎを提供した人の等級が低くなるので、試算した上でトータルの保険料が安くなるのかを確認することが必要です。

自動車保険に新規加入を考えたときは、まず→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりサービスで見積もりをもらうのがおすすめです。

たった3分の入力時間で色々な保険会社のプランを比較できるので、自分に合った自動車保険を探すことができて便利です。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
初めて自動車保険に加入するときは訳が分からず、代理店やディーラーの言われるがままに契約を結んでしまうかもしれません。たしかに自動車保険の内容を勉強するのは難しいことですが、自分に合った補償内容を知ることによって安心と低価格の両立を実現できますよ。