車のガラスコーティング剤を上手に使う方法

車のガラスコーティング剤を上手に使う方法

使い分けが必要な車のガラスのコート剤

雨の日の視界確保は安全な走行のために欠かせない要素です。しっかりとした視界を確保するにはウインドウについた汚れや油膜を落としおき、こまめなワイパーの交換が必要です。

さらにクリアな視界を得られるのが、ガラスコーティングするコート剤です。コート剤には撥水タイプ親水タイプがあってそれぞれに一長一短があるのです。

そこで今回は車のガラスのコート剤の使い分けについて紹介していきます。

フロントウインドウは撥水剤を使う

Rakuten(楽天)

ガラス撥水剤【楽天】

Yahoo!ショッピング

ガラス撥水剤【Yahoo!】

撥水タイプのコート剤は雨水を小さな水玉にして、走行風の勢いでウインドウから弾き落とす効果で視界を確保します。そのため風が当たりやすいフロントウインドウでの使用がもっとも効果的です。

撥水コートされたフロントウインドウは、ある程度の速度が出ていればワイパーが必要ないと思えるほどきれいに雨水が吹き飛んでいきます。

雨水を小さな水玉にして吹き飛ばすことが撥水コート剤のメリットです。しかし走行風が当たらない場所に使うとデメリットが目立つようになります。

サイドウインドウとリアウインドウは親水剤でコーティングする

Rakuten(楽天)

ガラス親水剤【楽天】

Yahoo!ショッピング

ガラス親水剤【Yahoo!】

走行風が当たりにくいサイドウインドウとリアウインドウは、親水剤でコーティングすることをおすすめします。

撥水コート剤のメリットは雨水を小さな水玉にすることですが、走行風が当たりにくい場所だとこの水滴があだとなって視界が悪くなってしまうからです。

特に顕著なのが夜間で、停車時やゆっくり走っているときにサイドウインドウやリアウインドウを見ようとしても水滴でほとんど見えなくなってしまいます。また霧のときには小さな水滴が無数にウインドウ表面を覆ってしまって、一面が真っ白になってしまうこともあります。

サイドウインドウに走行風が当たりやすい車種であれば撥水コート剤を使用するべきですが、そうでない場合は親水剤でコーティングしましょう。

親水剤であれば水滴を消してくれるので、リアウインドウにワイパーが付いていない車は親水剤が向いています。

ドアミラーも親水コート剤を使う

よくドアミラーに水玉状の水滴がついた車を見かけますが、これは間違った撥水剤の使い方だといえます。

ドアミラーの鏡面には走行風がほとんど当たらないので、撥水コートしてしまうと水滴が移動しなくなって後方確認ができなくなってしまいます。

ドアミラーには雨水をガラス表面になじませて水滴を消してしまう、親水コート剤の使用がおすすめです。

撥水コート剤と親水コート剤の使い分けのまとめ

  • フロントウインドウ・・・撥水コート剤
  • サイドウインドウ・・・親水コート剤
  • リアウインドウ・・・親水コート剤
  • ドアミラー・・・親水コート剤

車のガラスのコート剤は撥水剤のほうが有名で万能だと思われていますが、特性を見極めておかないと逆に視界を悪化させてしまうようです。

撥水剤と親水剤をしっかり使い分けて車の視界をクリアにしてください。

この記事の著者:「モータージャーナリストを目指す:Harry」

撥水剤しか使わない人は親水剤に疑問を抱いている方が多いようですが、親水コートされたドアミラーで霧の中を走ればその効果が実感できると思います。車のガラスのコート剤は使い分けと共に、まめなコーティングをすることが良好な視界確保のコツです。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。