車のエアバッグが開いたときの対処方法【修理費用・廃車】

車のエアバッグが開いたときの対処方法【修理費用・廃車】

車のエアバッグは事故でなくても開くことがある

エアバッグは事故などによる衝撃を緩和して乗員を守るための装置です。しかしエアバッグは事故でなくても開いてしまうことをご存知でしょうか。

膨らんでしまったエアバッグの修理は、本体の交換だけでは済まず修理費用が高額になりがちです。

そこで今回は、車のエアバッグが開いてしまったときの対処方法や修理費用について紹介していきます。

車のエアバッグはどんなときに開くのか

エアバッグは、車のフロント部に設置されているクラッシュセンサーが衝撃の強さと角度を感知して作動します。

作動条件は以下の通りです。

  • 25km/h以上の速度で正面衝突したとき
  • 衝撃角30度以内で強い衝撃が加わったとき

※クラッシュセンサーがフロント部に設置されているSRSエアバッグの場合

近年は正面からだけでなくて、側面からの衝撃を吸収するエアバッグも普及しつつあります。

車のエアバッグは事故でなくても展開する

エアバッグはメーカーが定めた一定の条件下で膨らむように設計されていますが、事故以外のときでも展開してしまうことがあります。

  • 縁石や路肩に激しく乗り上げたとき
  • 脱輪や転落したとき
  • ジャンプしたとき

このような強い衝撃を与えると車が損傷していなくてもエアバッグが展開することがあります。

エアバッグが開いたときはどうする

エアバッグがなんらかの理由で開いてしまった場合、自分で直そうとせずにディーラーや修理工場に持ち込んで車の状態を見てもらいましょう。

エアバッグが作動したあとの修理は、基本的に交換や修理だけで済みません。

膨らんだエアバッグユニットの交換以外に、システムを構成しているセンサーやコントロールユニットなどの交換も必要になるからです。

助手席のエアバッグが展開したときは、フロントガラスが割れてしまうことがあるのでガラスの修理も必要です。

エアバッグの修理費用の相場はどのくらいなのか

エアバッグが開いてしまうほどの衝撃を受ければ、車本体の損傷や衝撃吸収機能の低下によって修理費用が高額になることが容易に想像できます。

一般的なデュアルエアバッグ搭載車で、運転席と助手席のエアバッグが開いた場合のエアバッグ交換費用は10万円~30万円が相場といわれています。センサーやシートベルト部分、フロントガラスの交換があればさらに修理費用がかさんでしまいます。

エアバッグの修理費用は車種やエアバッグの数などによって異なるので、修理を依頼するときは必ず見積もりをもらって金額を確認しておきましょう。

エアバッグが展開した車は事故車扱い

エアバッグが展開してしまった車は事故車扱いとなって、下取りや買い取り価格がかなり減額されてしまいます。

また車両保険を使うときは全損扱いになって廃車になるかもしれません。

しかしそのような場合でも自分で勝手に廃車処理せずに保険会社の指示に従うようにしてください。保険会社の許可なく廃車処理してしまうと保険金をもらえなくなってしまいますよ。

この記事の著者:「モータージャーナリストを目指す:Harry」

エアバッグは乗員の命を守る大切な機能です。しかし誤って展開させてしまうと、あとの処理が大変なのでくれぐれも誤作動させないように注意してください。安全のためのエアバッグですが、丁寧な運転で展開させないことが一番です。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。