安くて確実な車検を受ける方法【費用・料金】

2年に1回の車検はなぜ高いのか

どんな車に乗っていても、必ず2年に1回行わなければならないのが車検です。車検をディーラー任せにする人は意外に多く、車検代が高いというイメージの原因にもなっています。できれば安くしたい車検費用ですが、あなたは車検費用の内訳をご存知でしょうか。まずは車検費用の内訳を見て、節約できる箇所を知っておきましょう。

安くて確実な車検を受ける方法【費用・料金】
出典:http://internationalopenacademy.com/

車検費用の内訳とは

車検費用は様々な内訳により成り立っていますが、節約できる項目とできない項目があります。

  • 法定費用
  • 車検のときに『重量税』『自賠責保険』『検査印紙代』が必要となります。これら法定費用は国が定めた金額なので節約することは一切できませんし、全国どこで車検を受けても同じ金額が必要となります。実は車検費用の60~70%がこの法定費用が占めており、車検が高いイメージの原因になっています。

  • 基本料金
  • 車検に必要な24ヶ月点検の料金、データ作成・検査機器使用に伴う検査料、検査の申請や代行などの手数料が基本料金です。

  • 部品代、作業工賃
  • 部品交換や修理が必要な場合に必要となる費用です。

これら項目の中で『基本料金』と『部品代、作業工賃』は、車検を受ける店舗により差が出る項目です。車検費用を究極に安くする方法はユーザー車検ですが、自分で車を整備~運輸支局で車検を受けるには相当な知識が必要となります。

ほとんどの人がプロにお任せすることになりますが、『基本料金』と『部品代、作業工賃』を安くしつつ、確実な車検を受けることができる店舗を見つけることが安全に車検費用を節約するコツです。

確実・リーズナブルな車検ならホリデー車検

安くて確実な車検を受ける方法【費用・料金】
出典:http://www.holiday-fc.co.jp/index.html

車検は安さばかりを追い求めると安全性を損なうことがあります。ディーラー並みの信頼性を確保しつつ車検費用を節約できるのが『ホリデー車検』です。

立会い車検で納得のいく整備

ディーラーや整備工場に車検を依頼した場合、自分がまだ使えると思う部品でも交換されてしまうことがあります。ホリデー車検では車検の際にお客様に立ち会ってもらい、追加整備は整備士の説明に納得した上で部品交換や整備が実施されます。もし自分が納得いかない場合には整備が行われません(分解や点検をした後に車の状態が悪く車検をキャンセルした場合には分解・点検手数料が発生することがあります)。

ホリデー車検では店舗ごとに別々の料金体系を採用しています。通常車検チェーン店では全国どこでも一律料金ですが、地域や店舗により料金が違うのが自然の姿です。ホリデー車検では安全性を確保した上で、総額での車検費用が安くなるよう努力しています。

ホリデー車検の立会い車検は受付から30~40分程度で車検と整備が完了します。代車の必要がなく、短い時間で済むことでお客様に時間をとらせることなく低価格な車検を実現しています。

ホリデー車検を受けるには予約が必要です。インターネットで24時間受付可能で車検証の情報入力まで完了できます。共通情報入力→車両情報入力→ご予約確認→仮予約で完了です。予約を終えたら店舗からの連絡を待ちましょう。

激安な車検もありますが、安全性に欠けるようなら本末転倒です。その点ホリデー車検なら高い整備技術と立会い車検により、納得・安心の車検をお得な料金で受けることができますよ。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

私が以前ディーラーに車検をお願いしたときに、そのディーラーでは車検整備をせずホリデー車検に下請けに出していたことがありました。もちろん次回からはホリデー車検に直接お願いするようになりましたが、ホリデー車検はディーラーが信用する車検技術を持つということが分かった次第です。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。