車の運転で苦手なカーブを上手に曲がるコツ

カーブがギクシャクして上手く曲がれないのを克服したい

車の運転でカーブが苦手な人がかなりいるようだ。延々と真っすぐな道が続けばいが、カーブは必ずやってくるので避けることは不可能。しかしカーブは速度の調整と視点を意識するだけで、スムーズに駆け抜けられるようになる。上手にカーブを曲がるコツやポイントを記していくので、苦手意識を持つ人は参考にしてもらいたい。

車の運転で苦手なカーブを上手に曲がるコツ

カーブを曲がるときに重要なのが速度と視点

カーブを曲がるのが下手な人は、スピードを出し過ぎていたり直前しか見ていなかったりする。速度と視点さえコントロールすればカーブを曲がるのにそれほど苦手意識を持たないはずだ。

1.ブレーキはカーブの手前で掛ける

カーブが苦手な人のほとんどが、真っすぐ走っている速度のままカーブに進入して慌ててブレーキを掛けているようだ。これではカーブが上手く曲がれないどころか非常に危険である。カーブの入り口で曲がり切れずに事故を起こすパターンはよくあるが、速過ぎるカーブ進入と遅すぎるブレーキが原因だということを知っておこう。

視線の先にカーブが見えたら、まずはブレーキを踏んでスピードを落としてみよう。慣れないうちはスピードを落とし過ぎても気にしない。速過ぎてカーブの途中で急ブレーキをかけるほうがよっぽど危ないからだ。慣れてくれば適性スピードを体が覚えてくる。

カーブの手前でブレーキを掛けて充分に減速することがまずは大切である。

2.ハンドルは切り過ぎない

減速を終えたらカーブに合わせてハンドルを切っていくのだが、ゆっくりと切っていくとカーブの角度とハンドルの角度が合う点が分かると思う。これをエイヤッとハンドルを切ってしまうと『曲がり過ぎ~ハンドルを戻す~ハンドルを切る』を繰り返してしまい、ギクシャクした動きをしてしまう。これでは同乗者は不安でしかたないだろう。ハンドルを切り過ぎるのは運転が下手と公言しているようなものと自覚しておくべきだ。

カーブの手前で充分に減速していればハンドルをゆっくり切っても間に合うはずだ。カーブに合わせてハンドルを切っていき、できるだけ一定を保つこと。足りなかったらゆっくりと切り足していくだけだ。

3.視点は先に置く

これはカーブだけに限ったことではないが、視点を車の直前に置いていたら対応に慌てるばかりか危険でもある。自分の車の2~3台分先に視点を置くことで次に行う動作を事前に知ることができ、余裕を持って対応することができる。

直前だけ見ていればカーブの先の状況や対向車への対応が遅れてしまう。視点を先に置いて予測できる運転をしよう。

カーブではインに寄り過ぎない。アウトにふくらまない

カーブを上手に曲がるコツとして『アウト・イン・アウト』というテクニックがあるが、これはサーキットで速く走るためのテクニックであり一般道では推奨できない。アウト側には歩行者や障害物が存在する可能性があるし、カーブでインに寄ったら対向車と接近してしまう。公道でのカーブ走行は車線のセンターをキープすることに徹しておくべきだ。

カーブを上手に曲がるコツは、

  • カーブ手前での減速
  • ハンドルはゆっくり切り、切り過ぎない
  • 視点は常に先に置く
  • 車線のセンターをキープする

これだけである。あとは苦手意識を払拭さえすれば、自然とスムーズなコーナリングを実現できるとはずなので頑張って欲しい。

この記事を書いた著者:「こだわりの車好き:naoto」

カーブを曲がるのが下手な人は、真っすぐ走ることも下手ということを知っておくべきだ。ブレーキ・アクセル・ハンドルが滑らかに操作できる人ほど、カーブや真っすぐ走るのがスムーズだということを覚えておいてほしい。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。