車のライトはハイビームが基本でロービームはすれ違い【義務化・まぶしい】

車のライトはハイビームが基本でロービームはすれ違い【義務化・まぶしい】

夜間はハイビームでの走行が原則となっている

夜間の街中ではほとんどの車がロービームで走行している。こんなことを書いている私自身もロービームばかりで運転しており、よほど真っ暗な林道などに行かない限りハイビームを使ったことは無かった。ところが夜間走行では原則ハイビームで使用しないといけないようなのだ。

ハイビームが原則でロービームはすれ違い

ヘッドライトにはハイビームとロービームがあるが、正しくはハイビームが『走行用前照灯』、ロービームが『すれ違い用前照灯』と呼び、走行時はハイビームを使い、先行車がいる場合や対向車とのすれ違い時にロービームへ切り替えるよう定められている。

街灯がある街中などではロービームにしたまま走行してしまいがちだが、正しくはハイビームを基本とし、対向車や先行車がいるときだけロービームに切り替えて走行しなければならないということだ。ヘッドライトは点灯するタイミングも大事だが、ハイビーム点灯が基本ということを覚えておこう。

参考記事:ヘッドライト・スモールライトの点灯タイミング・注意点【いつ点ける】

ハイビームとロービームではどれだけ違うのか

ヘッドライトの照射距離はハイビームの場合は前方100m先を照らすことができ、ロービームは前方40m先を照らすことができることと道路運送車両法などで定められている。

ハイビームとロービームの安全性を比較した動画だが、ハイビーム走行のほうが手前から障害物を認識でき余裕を持って止まっており、対するロービーム走行は思ったより直前でないと障害物を発見できないことが分かる。

ハイビームのほうが安全に走行できることが分かったが、対向車や先行車から見れば眩しいのも事実。歩行者や自転車のことも考えて臨機応変にロービームに切り替えて走行するようにしたい。最近では自動的にハイビーム/ロービームを切り替えてくれる車も出始めており、今後はドライバーが意識しなくても車が勝手に切り替えてくれる時代がやってきそうだ。

オートライトシステムの義務化が決定

国交省は2020年4月以降に売り出される新型車から『オートライト』の装着を自動車メーカーに義務付けるよう決めた。

オートライトとは車に搭載されたセンサーにより明るさを感知、自動でヘッドライトをオン・オフする装置のことだが、既にオートライトが搭載されている車種も存在する。

既出のオートライトは手動でオン・オフをすることが可能だが、新基準では日中や停車時を除き、夜間やトンネルなどの暗闇を走行中は強制的にヘッドライトが点灯されドライバーの意志で消すことができなくなる。

このシステムも順次導入なので、全ての車がオートライトに切り替わるまでには相当の時間が掛かることが予想されるが、自動ブレーキと共に早急に普及してもらいたいシステムであることは間違いないようだ。

この記事を書いた著者:「こだわりの車好き:naoto」

ヘッドライトのハイビームに対して誤った認識を持っているドライバーが多いようだが、正しくはハイビーム走行が基本だと改めて覚えておこう。(自動車学校でもそのように習ったはずだが忘れているようだ。)但し適切にロービームに切り替えないと違反になるので臨機応変に対応していこう。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。