車を売る時に純正品と社外パーツは査定に影響するのか

車を売る時に純正品と社外パーツは査定に影響するのか

自分好みにカスタマイズした車は査定が下がる

愛車を自分好みにカスタマイズするときに純正パーツだけでは飽き足らず、社外パーツを組み合わせている人も多くいると思います。ところが売却するときに、これら社外パーツの装着が問題になるかもしれません。

メーカーオプションやディーラーオプションは純正品なので査定に影響することはありません。しかし社外パーツを装着した車を売るときは、マイナス査定になることがあるからです。

そこで今回は車を売る時に純正品と社外パーツは査定に影響するのかについて紹介していきます。

社外パーツを取り付けた車の査定評価は低い

車を個性的にカスタムするために欠かすことができない社外パーツですが、売却となるとなかなか高い評価を得られないのが実情です。

車はノーマル状態がもっとも人気が高くて、買取査定額が高くなります。反対に純正部品を外して社外パーツを取り付けていくと、中古車としての価値がどんどん下がってしまいます。

そのため車を売るときのことを考えると、社外パーツをできるだけ付けないのがベストだといえます。

車をカスタマイズするときは純正パーツを保管しておく

どんなにかっこよくカスタマイズされた車であっても、買取査定で不利になることが分かりました。しかし車好きであれば社外パーツを使って自分好みに仕上げたいのも心情です。

自分好みにカスタマイズされた車に乗りたいが、売却時にできるだけ高く売りたいという欲張りな人は、取り外した純正パーツを残しておくことをおすすめします。

車の売却を考えたときにフルノーマルに戻してから査定に出せば、高い評価で売ることができるでしょう。取り外した社外パーツはヤフオクなどで処分すれば次の車の資金の足しになりますね。

純正オプションパーツは査定に影響しない

社外パーツと違って純正オプションを付けていてもマイナス査定になることはありません。しかしプラス査定になることがあまりないと覚えておいてください。

一般的に純正オプションパーツは価格が高めに設定されています。そのため高価な純正オプションパーツを付けていればプラス査定になると考えてしまいますが、実際は古くなって型落ちとなったパーツに高値が付くことはありません。

自分が欲しいのなら装着してもいいですが、純正オプションパーツによって車の価値が上がる可能性は低いので、新車を買うときは無理に高い純正オプションパーツを付ける必要はありません。

社外パーツを装着した車を高く売却するには

社外パーツを装着した車だが、純正パーツを処分してしまった場合はどうしたらいいでしょうか。

基本的に社外パーツは高評価になることをあまり期待できません。しかし人気があるパーツであれば高額査定が出る可能性も残っています。

そこでまずは社外パーツを装着したままで無料一括買取査定に出してみたらどうでしょうか。

おすすめの無料一括買取査定サイトはこちら

ズバット車買取比較

一括買取査定を受ければ査定士からいろんな話しを聞くことができますし、複数の業者から見積もりを取ることができるので、社外パーツを装着している車でもプラス査定をする業者を見つけられるかもしれません。

なお車検が通らない不正改造車はマイナス査定になるだけでなく、査定そのものを断られることもあります。その場合は純正に戻すか、純正品の手配をしたほうがいいでしょう。

この記事の著者:「モータージャーナリストを目指す:Harry」

社外パーツを装着した車は万人受けしにくくて、中古車として流通させても買い手が見つかりにくいことから買取査定評価が低くなってしまいます。どんなに自分好みにカスタマイズしたとしても、中古車として売れなければ価値がないということです。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。