自動車の売却前に所有権留保解除をする方法【名義変更手続き】

名義変更をしていない所有権留保車は勝手に売却することができない

晴れてマイカーのオーナーになったときは嬉しいですよね。でも購入時の代金支払い方法などによっては、その車がまだあなたの所有物になっていないことを知っていますか?

自動車の売却前に所有権留保解除をする方法【名義変更手続き】
出典:https://ja.wikipedia.org/

自動車は財産物なので『所有者』が明確に定められています。車検証に記載されている所有者の名前が自分の名義になっているでしょうか。もしあなた以外の名義になっていたら、あなたはその車の『使用者』であって、その車の所有車ではないということです。

しかしきちんとお金を払ったのに、どうして自分の所有物にならないのか不思議に思われるかもしれません。これには理由があます。一定の条件を満たしたときに、所有者をあなたの名義に変更することができます。

所有権留保車とは

車をローンで購入した場合は残債が残っているので、その車は完全にあなたの物ではありません。残債分はローン会社の物ということです。

ローン会社はその車を担保にして購入資金を貸している形になります。もし返済不能になった場合に備えて、ローン返済期間中は所有者名義をローン会社にしておきます。万が一のときでも勝手に売却できないようにしています。

要するにローンで買った車は完済するまではローン会社の所有物で、あなたは車を使用できるが売ったり処分することができないということです。

もちろん現金一括払いで車を買った場合は、所有者名義があなたの名前になるので所有権留保車とはなりません。もちろん売ったり処分することは自由です。

銀行などでローンを組んだ場合も、一度あなたの銀行口座に借入金が振り込まれてから車の販売店に支払うときには所有権留保されないこともあります(当然ながら銀行に信用がある人しか貸してくれませんし、別の担保を求められることもあります)。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較

    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼

    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。

  2. 楽天オート

    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了

    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。

  3. 車選び.com

    車選び.com 一括査定

    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。

所有権留保解除の方法【名義変更】

ローンが完済しても、自動的に所有者名義があなたの名前に切り替わることはありません。名義変更手続きが必要です。気が利くディーラーやローン会社なら、「所有権留保解除できますよ」と教えてくれますが、大半は連絡が無いので完済したら自分でアクションを起こす必要があります。

所有権留保解除の方法

自動車税の納税証明書が必要なので、滞納している場合は収めておきます。

ローン会社に返済が終了したので所有権留保解除をしたいということを告げると必要書類が送られてきます。

『印鑑証明』『車検証のコピー』、車検証使用者欄の住所から変更している場合は『住民票』と『車庫証明』を用意します。

陸運支局で移転登録手続きをします。所有者があなた名義に変更された新車検証が発行されます。手続き自体はそれほど難しくありません。分からなければ職員に訪ねましょう。

なお、ディーラーや販売店に手続きを依頼することもできますが当然有料です。

所有権留保解除しないで乗り続けるとどうなるのか

ローン完済後も所有権留保解除しないで車に乗り続けることは可能ですし、罰則もありません。ただしいつまでもあなたは使用者であって、所有者はローン会社のままになります。お金を払い終えたのに自分の所有にならないのは気分が悪いですよね。できれば早めに所有権留保解除することをおすすめします。

ローンの途中で車を売却したい場合はどうしたらいいのか

ローンが残っている状態で車を売るときには、まずローンを完済した後、所有権留保解除をした上で車を売ることが可能になります。

貯金が無くて車を売ったお金でローン残債を支払いたい場合

どこかでローン残債分のお金を借りる。

借りたお金でローンを完済し、所有権留保解除手続きをする。

車を売却した資金で借りたお金を返す。

このような流れになります。

友人などから個人売買で車を買う場合にも、まず所有権留保車なのかを確認します。確実に所有権留保解除をしたことを確認して、あなたの名義に変更した後にお金を払うようにしましょう。

【豆知識】:ネットオークションなどで『訳アリ車』と書かれている車があります。市場価格よりも遥かに安い車が出品されていることがほとんどです。新車同様の車が市場価格の1/3程度の値段になっていることもザラにあるので、食指が動いた人も多いでしょう。

しかし、これらは俗に言う金融車で『所有権留保車』です。所有車名義はもちろん、使用者名義も変更できません(必要書類が揃わないため)。知らずに購入したら、ある日突然車を返せと迫られても文句は言えません。書類上であなたは所有者でも使用者でもないからです。

もしその車がどうしても欲しいときには残債分を支払わなくてはなりません(その場合には滞納している自動車税も支払うことになります)。結果的にとても高い買い物になってしまいますね。また、犯罪に加担することもあるのでこのような金融車には手を出さないほうが無難です。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

自分の車が自分の所有でないことを知らずに乗っている人が多くいます。普通に乗るには問題ないですが、売る時にすぐ手放せないことがあるので注意しましょう。中古車を買うときには所有者名義を確認して、所有権留保車なら適切な手続きができない限り、その車を買うべきではありません。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。