自動車の下取りと買い取りはどちらがお得か

自動車の下取りと買い取りはどちらがお得なのか

自動車の下取り買い取りの違いはわかりますか?

自動車を買い替えるときに悩むのが『下取り』と『買い取り』どちらがお得なのかですね。どちらも基本的には現在の所有車を買い取ってもらうことに変わりありませんが、下取りと買い取りには大きな違いがあるのです。

もちろんあなたの車の状態や考え方によりどちらが良いとは言えませんが、2つの違いを知ることで査定額が大きく違ってくる可能性もあります。まずは下取りと買い取りのメリット・デメリットを見てみましょう。

下取りとは

下取りとは、新たに車を買うお店に今乗っている車を引き取ってもらうことです。買うのも売るのも同じお店で済ませられる下取りは多くの人が選びがちです。

下取りのメリット

  • 車を買うお店で全て完結するので手間と時間が掛からない
  • 新たに購入する車で値引きが難しい場合、下取り額をアップしてくれることも
  • 次の車が納車するまで今の車に乗っていられる

下取りのデメリット

  • 下取りの場合は査定基準額を基に査定額が算出されることがほとんどで、中古車市場で人気の車種であってもプラスαの査定額を期待することができません
  • 改造や部品交換などをしている車両の場合、マイナス査定になることはあっても、プラス査定になることはほとんどありません
  • 次の車の値引き額と下取り車の査定額の実態が分かりにくいことがあります

買い取りとは

買い取り専門店や中古車販売店に現在乗っている車を売却することを買い取りと言います(お店側から見て車を買い取るということです)。

買取りのメリット

  • 複数店舗で競合させて一番高い値段で売ることができる
  • 中古車市場で人気の車種の場合、かなり高額の買い取り値がつくことがある
  • 改造車やアフターパーツなどもプラスαの査定額を期待できる

買取りのデメリット

  • 下取りと比較して手間と時間が掛かる
  • 中古車市場の相場変動に合わせて査定額が変動するので、タイミングによっては低い査定になることがある
  • 売却が決定したらすぐに車を渡す必要があるので、次の車が来るまで間が空いてしまうことも

下取りと買い取りどちらがお得なのか

面倒がなくて、次の車までスムーズに移行するのなら下取りがおすすめです。しかし少しでも愛車を高く売りたいのなら、買い取り査定を受けてみるべきでしょう。

もちろん買い取り査定を受けたら絶対に売らなければならないということは無いので、複数社で買い取り査定をしてもらい、下取り額と比較して納得したほうに車を出すのが賢い選択と言えるでしょう。もしかしたら10万円単位で愛車の価値が違ってくるかもしれませんよ。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

愛車の価値は一定ではありませんし、タイミングによっては思わぬ高値がつくこともあります。ほんの少しの手間を惜しむと安値で手放すことがあります。一度買い取り査定をおこなって、現在の愛車の価値を知っておくことをおすすめします。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。