個人売買で車を売るときの注意点【代金受け取り】

個人売買で車を売るときの注意点【代金受け取り】

個人売買で車を売るときの注意点

車の個人売買で多い代金トラブル

個人売買で車の取り引きを行うときは、代金の支払い受け取り方法を慎重に決める必要があります。車の個人売買はインターネットで行うことが多くて信用関係を確認しにくいので、安易な取り引きをするとトラブルの元になりやすく注意が必要です。

車の引き渡しと代金受け取りを同時に行うのが基本

個人売買で車の取り引きを行うときは、車の引き渡しと代金受け取りを同時に行うのが基本です。まずは購入者が車と書類のチェックをして、問題がないことを確認したら売り手に代金を支払います。

個人売買の場合、先に車と書類を渡したり代金を支払うのは、トラブルに発展する恐れがあるのでやってはいけません。また取り引き完了後にクレームが発生しても個人売買の場合はほとんど対応できないので、後々トラブルにならないように車の外観チェックや試乗をしっかり行うようにします。

車の引き渡しと代金受け取りを同時にできないときは

遠隔地などで当人同士が直接会って取り引きできない場合は特に注意が必要です。信じられないかもしれませんが、車を引き渡したにも関わらず相手が代金を支払わないことがあるからです。

車を輸送して購入者に引き渡す場合は代金の入金確認後に書類を渡す、購入者は車を受け取る前に全額を支払わずに、まず内金を入金しておいて車が納車されてから残金を支払うなどの対策が必要になります。

車を売却した代金は必ず現金一括でもらう

個人売買で車を売却するときに、もし購入者が分割払いを求めてきても応じないようにします。

遠隔地などで直接取り引きできないときに内金と納車後の残金支払いに分割するのは仕方ないですが、個人間取り引きにおけるローンなどの複数回分割払いはトラブルの元です。

分割払いで支払いを求めてくるときは、相手が一括で支払える現金を持っていないと考えるべきです。支払い能力がない人間が強引に分割払いを求めてくるケースでは、支払いが滞って連絡が取れなくなる可能性が高いといえます。

もし相手が現金一括払いに同意しない場合は、車の売却を断ったほうがよさそうです。代金を回収できないリスクを背負ってまで売却するメリットはないはずです。

車の個人売買にはトラブルがつきものです。車の引き渡しと代金受け取りが終わっても、購入者が名義変更しなければいつまでも自動車税の通知書が届いてしまいます。もし個人売買に不安があるときは信頼がおける買取業者に依頼することをおすすめします。

ズバット車買取比較
中古車買取査定市場
車選び.com

一括買取査定であれば複数の買取業者の査定結果を比較しながら売却できます。代金未払いリスクがないなど、トラブルに遭うこともありません。

この記事の著者:「モータージャーナリストを目指す:Harry」

個人売買の魅力は買い手が安く買えて、売り手が高く売れることですが、お互いプロではないのでトラブルが発生したときの対処が問題になってきます。個人売買は信用関係が築けていないことが多いので取り引きには細心の注意が必要です。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。