車を運転中に携帯電話・スマホが鳴った時はどうするか

運転中の携帯電話使用は交通違反で罰金

いまや国民のほとんどが所持している携帯電話・スマホだが、車を運転中の携帯電話使用で捕まる人が後を絶たないようだ。たかが携帯電話の使用くらい大丈夫と甘く見ていると、違反点数と反則金で結構痛い目に遭うから油断できない。そこで今回は運転中携帯電話使用について紹介していこう。

車を運転中に携帯電話・スマホが鳴った時はどうするか

運転中に携帯電話・スマホで何をしたら違反になるのか

携帯電話やスマホを使ってできることといえば通話だけでなくて、メールやLINE、インターネット接続やオンラインゲームなど多岐に渡る。

では運転中に携帯電話・スマホで何をしたら違反になるのかというと、手に持っただけでアウトなのだ。これは携帯電話使用の違反内容に「保持」があるためで、通話やメールをしている・していないに関わらず、携帯電話を手で保持している状態が違反に該当するため。

携帯電話やスマホだけでなく、トランシーバー型の無線機のように手で持って通話する機器を使用することも禁止されているので注意したい。

運転中に携帯電話・スマホを使用したときの罰則

運転中に携帯電話を使用したときの罰則は以下のとおり。

・携帯電話使用(保持) 違反点数1点 反則金6,000円
・携帯電話使用(交通の危機) 違反点数2点 反則金9,000円

交通の危機は運転中に携帯電話を使用していて事故を起こしたときに適用される。

なお余談だが違反点数は減点ではなくて加点方式であることを理解しておこう。よく「違反し過ぎて点数がなくなりそう」などどいう人がいるが、違反を重ねるごとに点数が増えていくのが正解。そもそも違反がない状態が0点だから減点されようがない。

赤信号で停止しているときに携帯電話・スマホを使用したら違反なのか

携帯電話の使用は運転中のみ禁止されているので、赤信号で停止しているときは違反の対象にならないとも考えられる。

しかし路肩や駐車場で停車しているときと違い、赤信号で信号待ちしている状態は路上走行の一環と考える警察官がいて、実際に取り締まりの対象になった人がいるから要注意。

運転中のハンズフリー通話は違反にならないのか

携帯電話のアイテムにイヤホンマイクを使ったハンズフリー装置があるのをご存知だろうか。

イヤホンマイクを使って通話をすれば、携帯電話やスマホを所持しないので違反にならないといわれている。たしかにあらかじめイヤホンマイクをセットしておけば、運転中に着信があってもイヤホンマイクのスイッチで通話を開始できるので違反の対象にならないと解釈できる。

ただし道路交通法の罰則規定から外れるだけで、都道府県によっては条例で運転中のイヤホンマイク使用を禁止している地域がある。このような地域で運転中にイヤホンマイクを使って通話をすると、安全運転義務違反になるので気をつけなければならない。

運転中に電話が掛かってきたときの対策法

運転中のイヤホンマイク使用を容認している地域であればイヤホンマイクを使った通話ができる。それ以外の地域で運転中に着信があったときは、安全な路肩に停車してから電話に出るのがベスト。

しかし運転中はドライブモードやマナーモード、電源を切るなどして、携帯電話やスマホを使わないことを徹底するのが一番の対策だと思う。たとえ仕事の電話であっても事故を起こしたら元も子もないので、車を運転中は運転だけに集中してほしい。

この記事を書いた著者:「こだわりの車好き:naoto」

携帯電話やスマホで通話するだけでなく、メールやLINE、オンラインゲームに興じて画面を注視しながら運転しているドライバーが多いことに驚かされる。運転中の携帯電話使用が原因の死亡事故が多発しているので、他人事と思わずにマナーをしっかりと守ってもらいたい。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。