初心者マークの意味や表示義務期間【もみじマーク・罰則】

初心者マークの意味や表示義務期間【もみじマーク・罰則】

初心者マークには意味や表示義務期間がある

走行中の車に初心者マークが貼られているのを見かけることがある。運転免許取り立てで初心者であることを周囲にアピールするためのマークだが、周囲を走行中の車も初心者マークを見かけたら配慮しなければならない。

初心者マークとは

初心者マークの意味や表示義務期間【もみじマーク・罰則】

Rakuten(楽天)

➤➤➤初心者マーク【楽天】

Amazon.co.jp

➤➤➤初心者マーク【Amazon】

初心者マークや若葉マークと呼ばれるが、正式には『初心運転標識』という。道路交通法では、普通自動車免許を取得後1年以内の人が付けるように義務付けられている。

初心者マークは免許を取得してから1年間の表示義務があり、表示義務を怠った場合には違反点数1点反則金4000円の罰則を受けてしまうので注意しよう。なお免許取得後1年以内で免停になってしまった場合は、その免停期間分初心者マークの表示義務期間が延長される。

初心者マークの表示位置

初心者マークには表示位置が決められている。

  • 地上から0.4m以上1.2m以下の見やすい位置
  • 車体の前方と後方の両方に表示する

自家用車以外にタクシーやトラックなどの営業車を運転するときでも表示義務があるので忘れないようにしたい。

免許取得後1年を経過したドライバーが初心者マークを付けてもいいのか

免許取得後1年以上経過したドライバーが初心者マークを付けていても違反にはならない。長い間運転していなかったペーパードライバーが初心者マークを付けて運転することは何ら問題がない。

70歳以上の高齢ドライバーが付けるもみじマーク

初心者マークの意味や表示義務期間【もみじマーク・罰則】

Rakuten(楽天)

➤➤➤もみじマーク【楽天】

Amazon.co.jp

➤➤➤もみじマーク【Amazon】

70歳以上の高齢ドライバーが車を運転するときに付けるのが『もみじマーク』。シルバーマーク、高齢運転者マーク、高齢運転者標識ともいう。もみじマークには表示義務はない。付けないで走っても罰則は受けないが、警察では表示を推奨している。

初心者マークやもみじマークを付けた車に嫌がらせをしたら罰則を受ける

初心者マークやもみじマークを付けた車に幅寄せをしたり、無理な割り込みなどをした場合には『初心運転者等保護義務違反』となり違反点数1点反則金6000円の罰則を受けることになる。初心者マークやもみじマークを付けた車を見かけたら、嫌がらせなどをせず温かい目で見守るようにしよう。

この記事を書いた著者:「こだわりの車好き:naoto」

初心者マークやもみじマークを付けた車を見ると、なぜか煽ったり幅寄せするドライバーが存在する。しかしどんなにベテランドライバーでも最初は初心者だったはずだ。その頃のことを思い出してイライラせず大きな心で初心ドライバーを守ってもらいたい。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。