信号無視をして交通違反で捕まったときの点数や罰金

黄色信号は急いで進めの合図ではない

あなたは信号の正しい意味を理解して車を運転しているだろうか?そんなの当たり前と思うかもしれないが、ほとんどの方が誤った認識を持っていることを知っておくべきだろう。

信号無視をして交通違反で捕まったときの点数や罰金
出典:http://custommotorcyclewheel.com/page/2/

青信号・・・進め
黄信号・・・注意
赤信号・・・止まれ

あなたはこのような認識で信号を見ていないだろうか?もしそうならあなたの認識は間違っていることになる。

青信号・・・進んでも良い
黄信号・・・止まれ
赤信号・・・止まれ

正しい信号の意味はこのようになる。青は進めではなく『進んでも良い』であり、黄色は注意して通過せよではなく『止まれ』なのだ。

ただし黄色の場合には『停止位置に接近していたり超えていて安全に停止できないとき』に限り進行することができるのである。安全に停止できる位置にも関わらず黄信号で進行すると『信号無視』になることを再認識しておこう。

信号無視の違反点数と罰金

赤色等の信号無視違反で捕まった時の点数と罰金(反則金)を記しておく。

信号無視(赤色等):違反点数2点 反則金9,000円(普通車)

赤色ではなく『赤色等』になっていることに気づいただろうか?黄色進入でも捕まるということである。もう一度確認しておくが、黄色は注意して通過せよではなく『止まれ』である。くれぐれも信号無視で捕まらぬよう注意しよう。

点滅信号の場合

黄色や赤の点滅信号を見たことがあると思うが、これらの意味を知っているだろうか?

黄色点滅信号・・・車両は周囲の状況に注意しながら進むことができる。一時停止する必要はないが速度を落とすなどして安全に配慮した走行が求められる(徐行義務はない)

赤色点滅信号・・・車両は停止位置で一旦停止をしたのち、周囲の安全の確認ができたら進むことができる

赤色点滅信号を無視して捕まった時の点数と罰金(反則金)を記しておく。

信号無視(点滅):違反点数2点 反則金7,000円(普通車)

信号機のまとめ

青信号・・・進んでも良い
黄信号・・・止まれ( 停止位置に接近していたり超えていて安全に停止できないときに限り進める)
赤信号・・・止まれ(命令)
黄色点滅・・・注意して進む
赤色点滅・・・一旦停止して安全確認できたら進む

信号機の意味をもう一度覚え直して正しい知識で安全運転しよう。

この記事を書いた著者:「こだわりの車好き:naoto」

自動車学校で正しい信号の意味を学んだはずなのに、いつの間にか自分の都合の良いように意味を変えてしまっているドライバーが多いようだ。信号無視による事故は大事故に繋がりやすいので自分勝手な解釈をせずに、正しく信号を守って安全運転に努めていこう。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。