交通マナーが悪い都道府県【岡山】

交通マナーが悪いのは岡山県?

車を運転していると様々なドライバーの癖を見ることができる。急発進・急ブレーキを繰り返す、やたらと前車を煽るなど自己中心的な漫然運転は、交通の流れを乱すだけでなくて事故を誘発する危険行為である。

ドライバーが意思表示する手段のひとつにウインカー(方向指示器)があるが、点滅(点灯)させずに車線変更や右左折をすることが当たり前になっている地域が存在するようだ。

交通マナーが悪い都道府県【岡山】

道路上に合図を出せと標示している県がある

JAFが全国の自動車ユーザーを対象に居住する都道府県の交通マナーに関する調査を行った。

それによると「方向指示器(ウインカー)を出さずに、車線変更や右左折をする車が多い」という質問に、岡山県に居住する回答者の91%が「とても多い」「やや多い」と回答して全国1位となったようだ。

全国2位は瀬戸大橋で結ばれた香川県の90.7%で、この2県は全国平均の77.1%を大きく上回る結果となった。ちなみに「とても多い」の回答率が50%を超えたのは岡山、香川の2県のみというからいかに突出しているのかが分かる。

交通マナーが悪い都道府県【岡山】

岡山県では主要交差点の道路上に「★合図」という標示を設置して、ウインカーの点滅を促す対策をしているがなかなか改善されないようだ。

「めんどくさい」「他人に指示されたくない県民性だから仕方ない」など、意味の分からない言い訳が目に入ってくるが、こんな標示があること自体、他の都道府県から見れば異例で恥ずかしいことなのを岡山県民は知っておくべきだと思う。

ウインカーは意思表示を周囲に知らせるために出すもの

車線変更は3秒前、交差点の右左折は30m手前にウインカーを出して合図をせよと道路交通法で定められている。そんなことは分かっているといわれそうだが、あなたは適切なタイミングでウインカーを出しているだろうか。

ハンドルを切る直前や車線変更を始めてからオマケ程度にウインカーを出すドライバーがいる。周囲に車や人がいなければウインカーを出す必要がないと思っている人もいるようだ。

しかし、もしあなたの直前を走る車が突然急ブレーキを踏んで右左折したり、合図もなく目の前に車線変更して割り込んできたらどう思うだろう。普段から自分勝手な解釈でウインカーを出したり出さなかったりしている人ほど腹立たしく思うのではないだろうか。

ウインカーは自分の意志を周囲に知らせるために出すものであって、交通ルールで決められているから仕方なく出すものではない。

そして3秒前、30m手前というのは自分の行動を周囲に伝えるために必要な時間であって、ウインカーを出すのは事故から自分の身を守るための合図であることを認識してほしい。

この記事を書いた著者:「こだわりの車好き:naoto」

道路上には様々な交通が行き来していて、いろんなタイプの人間がそれらを運転している。そんな状況下にあって自分勝手な行動をとっていたら事故を誘発するのは当然のことだと思う。自分の意志を伝えるためのウインカーをめんどくさいとか指示に従いたくないとかいっている輩は運転する資格がないと私自身は思うが、みなさんはどう考えるだろうか。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。