中古車を購入契約してから納車まで何日掛かるのか【納期】

中古車を買ってから何日待てば納車されるのか

中古車を買ってもその場で乗って帰れません。中古車は次のオーナーが決まってから登録変更や点検・整備が行われるので、ある程度の期間が必要になるからです。この期間のことを納期といいます。中古車の状態やオーナーの状況により納期が異なるため、数日で納車されたり1ヶ月以上掛かってしまったりと納期はまちまちです。

中古車を購入契約してから納車まで何日掛かるのか【納期】
出典:http://www.bmwblog.com/

中古車を購入してから納車されるまでの流れ

中古車を購入してから納車されるまでに、どのような流れで何をするべきなのかを確認してみましょう。

1.中古車の購入契約・書類の準備

購入する中古車が決定したら契約を結びます。登録に必要な委任状などの書類は販売店で用意してくれますので署名・捺印するだけですが、住民票や印鑑証明書などは自分で用意する必要があります。書類の準備が遅れれば遅れるほど納期が長くなりますので迅速に用意しましょう。

2.車の点検・整備や登録手続き

購入した中古車は販売店で点検や整備が行われます。登録に必要な書類が揃い次第、あなたの名義に変更する手続きが行われます。これらの作業は全て販売店側が行うのが一般的です。

3.納車日の決定

車の準備が整い、登録変更などが完了したら納車日の相談があり、晴れて納車となります。

中古車の購入~納車の流れはこのような感じになりますが、およそ1~2週間程度の納期が必要となります。もちろん車検残の有無など、車の状態により納期が前後することを理解しておきましょう。

中古車の納期が長くなるケース

通常1~2週間程度の期間で納車される中古車ですが、何らかの理由により納期が長くなることがあります。

車検切れの車を購入した場合

車検が切れた車を購入したときには改めて車検を行う必要があるので時間を要してしまいます。整備に時間が掛かるケースや部品待ちにより納期が長くなることもあります。

納車待ちの車が集中している

販売店が混んでいて納車待ちの車が集中しているときには納期が長くなってしまいます。

ローンの審査待ち

意外と多いのがローンの審査待ちによる納期延長です。何らかの理由で審査に通らないと、他のローンに申し込む必要があるので更に納車が遅れます。

この他にも書類に不備があった、車庫証明が発行されないなどの理由が考えられますが、あまりにも納期が掛かるときには販売店に問い合わせましょう。

中古車の納期が短いケース

中古車を購入してから数日で納車されることもあります。

車検残がある

車検が残っている車で、更に整備箇所が少ない場合には納期が短くなることがあります。

車庫証明の発行が早かった

車庫証明の申請に必要な書類がすぐに揃って、申請がスムーズな場合には納期が短くなります。普通車の場合は中4日(平日ベース)必要ですが、軽自動車の場合は車庫証明が不要な地域も存在するすので更に短い納期で納車されることもあります。

中古車を買うときには販売店に納期をしっかりと確認しておきましょう。いくら早く乗りたくても急かすのは考えものです。しっかりと整備された中古車を手にするためにも余裕を持って納車待ちしたいですね。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

新車よりは納期が短い中古車ですが、ある程度の日数は必要になります。すぐ乗りたい気持ちは分かりますが、安全かつ長く乗るためにも納車までの時間を楽しむくらいの余裕が欲しいですね。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。