中古車を購入した時のETCの再セットアップ方法

中古車を購入した時のETCの再セットアップ方法

中古車に付いていたETCをそのまま使えるのか

中古車を購入したらETCが付いていた場合、手持ちのETCカードを入れればそのまま使えるのでしょうか。

ETC車載器にはセットアップによって車両情報が登録されています。そのためナンバー変更などで車両情報が変更になったときはETC再セットアップが必要です。

ここでは中古車を購入したときのETC車載器の再セットアップ方法について紹介していきます。

ETCの再セットアップが不要のケース

ETC車載器にはナンバーや排気量など、車両を識別するための個別情報が入力されています。この情報には車検証記載の所有者や使用者の氏名や住所などの個人情報は含まれておらず、あくまでも車両情報のみが登録されています。

そのため、所有者や使用者の情報のみに変更があった場合は、再セットアップが不要です。また、ETCカードを変更したときも再セットアップせずに使用できます。

つまり購入した中古車が前オーナーからナンバーが変わっていなければ、ETC車載器の再セットアップが不要ということです。

ETCの再セットアップが必要となるケース

ETCは、高速道路の料金所などに設置されている読み取り装置と車載器を無線で通信して、それらの情報によって課金するシステムです。

もし車両情報とETC車載器に登録されている情報に相違が発生した場合、再セットアップを行わないと本来とは異なる通行料金が請求されてしまいます。そうならないようにして課金ミスを防ぐには、ETC車載器の再セットアップをして車両情報を登録し直すことが必要です。

以下のようなケースではETCの再セットアップが必要となります。

ナンバー変更したとき

引っ越しや売買などによって、ETC車載器が搭載されている車のナンバーを変更したときは、車両情報が変わるので再セットアップが必要です。

ETC車載器を他の車に載せ替えたとき

ETC車載器を他の車に載せ替えたときは、ナンバーや排気量などの車両情報を再登録しなければなりません。この場合も再セットアップが必要です。

ETCの再セットアップ方法

ETCのセットアップや再セットアップは個人で行うことは不可能で、登録されたセットアップ特約店のみで実施できます。

ETCを販売していてもセットアップができない店舗が存在するので注意してください。登録されたセットアップ店にはそれを示すステッカーが貼られています。

再セットアップに必要なものは、

  • ETC車載器(車から取り外し不要)
  • 車検証
  • 本人が確認できる書類(免許証など)
  • 車載器管理番号(セットアップ申込書やセットアップ証明書に記載されています)

これらに加えて再セットアップ費用が必要です。

中古車を購入した場合、その中古車の販売店がETCの再セットアップをやってくれると思いがちですが、セットアップ特約店でない限り再セットアップを実施してくれることはありません。

ETC車載器が搭載された中古車を購入したときはオートバックスなどのセットアップ特約店に行って、再セットアップが必要なのかを聞いたほうがいいですね。

この記事の著者:「モータージャーナリストを目指す:Harry」

車のナンバーが変わったときに、ETCの再セットアップが必要ということを知らない人が多いようです。本来とは違う通行料金を払い続けると、不正とみなされて罰則を受ける可能性があるので注意してください。中古車を購入したときはセットアップ特約店で再セットアップが必要なのかどうか、訪ねてみましょう。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。