車を買い替えたときには自動車保険の車両入替手続きが必要

車を乗り替えたら自動車保険の手続きを忘れずに行う

車を買い替えたり乗り替えるときには自動車保険の変更手続きをしないと新しい車で自動車保険が使えなくなってしまいます。この変更手続きのことを『車両入替』といいます。ここでは車両入替をいつ行ったらいいのか、手続きの方法などを学んでいきましょう。

車を買い替えたときには自動車保険の車両入替手続きが必要
出典:http://americantrucksnow.com/

車両入替手続きは納車前に行っておきたい

新しい車が届いてから自動車保険の手続き変更を行えばいいと考える人がいますが、その場合には車両入替手続きが完了するまでの期間、新しい車は無保険状態になってしまいます。もしこのときに不幸にも事故を起こしてしまったら保険金は支払われないので大変に危険です。

車両入替手続きは、新しい車の車検証の名義が自分の名前になった日から可能です。また、納車日前に手続きをしても納車日に合わせて車両入替を行うことができるので、古い車が無保険状態になることなく移行することができます。

※車両入替の手続きができる期間は『新たに車を取得した日の翌日から30日以内』と定められています。この期間内に変更手続きをしないと、今までの自動車保険を引き継げなくなるので注意しましょう。なお納車日からではなく、車検証の名義が自分の名前になった取得日から30日以内なので間違えないようにしてください。

車両入替手続きの方法と注意点

車両入替手続きに必要な書類は『新しい車の車検証(コピーでも可)』です。予めディーラーや販売店に新しい車検証が発行されたら、コピーをもらいたい旨を告げておきましょう。

車両入替手続きの方法

①車検証を用意する
ディーラーや販売店から新しい車の車検証のコピーを入手します。個人売買の場合には前の所有者名義のままでは無効なので自分の名義に変更された車検証が必要です。

②保険会社へ連絡する
保険会社に用意されている契約者専用ホームページ、または保険代理店で車両入替手続きをします。このとき新しい車の納車日を指定しましょう。

③保険料の差額を清算する
車両入替手続きにより保険料の差額が発生するので清算をして手続きが完了です。

もし車両入替手続きを忘れたまま新しい車を運転しているときに、事故を起こしてしまったら補償を受けることができません。しかし契約している自動車保険の特約に『被保険自動車の入替における自動担保特約』が含まれていれば新しい車でも補償を受けられます。

ただしこの特約には、新たに車を取得した日の翌日から30日以内に車両入替手続きを完了させる条件があるので、速やかに変更手続きを進める必要があります。

車を買い替えるときは自動車保険を見直すチャンスでもあります。保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりの無料一括見積もりを利用して、自分に合ったより良い条件の保険会社を見つけましょう。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

車を買い替えるときには様々な書類の準備や手続きがあるので、自動車保険の変更を忘れてしまうことがあります。安心して車に乗れるのは自動車保険の存在があってのものです。忘れずに変更手続きを行ってください。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。