車の名義変更手続きを自分でやる方法

車の名義変更手続きを自分でやる方法

自分でやれば安く済む車の名義変更手続き

を売買したり譲渡するときは名義変更(移転登録)をしなければなりません。もちろん業者に手続きを代行してもらうこともできますが、数万円掛かることもあって高価です。

とかく難しそうに思える車の名義変更手続きですが、自分で行うことも可能で安く済ませることができます。

車の名義変更(移転登録)手続きを行う場所

売買や譲渡などで車の名義が変わるときには、新たに車を使用する住所を管轄する運輸支局で名義変更(移転登録)手続きを行います。

車の名義変更(移転登録)手続きに必要な書類

車の名義変更をするときには各種書類が必要です。どんな書類が必要で、どこで手に入れるのか紹介していきます。

譲渡証明書(旧所有者の実印が必要)

運輸支局でもらえます。または国土交通省のホームページからダウンロードできます。
旧所有者の実印を押印します。

旧所有者の印鑑証明書(発行3ヶ月以内)

市町村役場でもらいます。 発行から3ヶ月以内のものが必要です。

新所有者の印鑑証明書(発行3ヶ月以内)

市町村役場でもらいます。 発行から3ヶ月以内のものが必要です。

旧所有者の委任状(旧所有者の実印が必要)

運輸支局でもらえます。または国土交通省のホームページからダウンロードできます。
旧所有者の実印を押印します。

新所有者の委任状(新所有者の実印が必要)

運輸支局でもらえます。または国土交通省のホームページからダウンロードできます。
新所有者の実印を押印します。

車検証

車に載せてありますね。

自賠責保険証明書

車に載せてありますね。

新所有者の車庫証明書

管轄の警察署に申請して取得します。取得までに数日掛かるので、最初に手続きしておきましょう。

車庫証明書の申請に必要な書類や申請方法は車庫証明申請手続きを自分でやる方法を参考にしてください。

手数料納付書

運輸支局でもらえます。

自動車税、自動車取得税申告書

運輸支局に隣接している税務署でもらいます。

申請書(OCRシート第1号様式)

運輸支局でもらえます。

申請を新または旧所有者本人が行う場合は委任状を省略できます(ただし実印の持参が必要)。

下記に該当するときは別途書類が必要です。

  • 新所有者、新使用者を異なる名義で登録するとき
  • 車検証に記載の旧所有者の住所、氏名が印鑑証明書と異なるとき
  • 希望ナンバーや図柄入りナンバーを希望するとき
  • 新旧所有者のどちらかが未成年者のとき
  • 所有者が亡くなったとき

必要書類が揃ったら陸運支局に行って手続きをします。記入方法などは見本等の記載があるのでそれを見ながら記入します。

ナンバーの変更が伴うときは運輸支局に車を持ち込む必要があります。

車の名義変更に掛かる時間と費用

自分で名義変更手続きをした場合の費用は3~5千円位です。代行業者に頼むと2~3万円取られるのでかなり節約できますね。

名義変更に掛かる時間は必要書類が揃っていれば半日程度で終わります。なお運輸支局の業務時間は平日のみとなっていて、昼休みをきっちり1時間とるので注意してください。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

車の名義変更は難しいことはありませんが、車庫証明書の申請~取得に時間が掛かるので、まず最初に取得しておくことをおすすめします。分からないことがあれば陸運支局の職員が教えてくれるので初心者でも大丈夫ですよ。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。