フロントガラスの割れ・飛び石被害を自動車保険で直すには

フロントガラスなどの割れや飛び石被害には車両保険が使える

車を運転していると時々、ピキッという何かが当たる音が聞こえることがあります。これは前車のタイヤが跳ねた飛び石で、車の前部やフロントガラスなどに傷を付けたりします。

運が悪いとヒビが段々と大きくなったり、ガラスが割れてしまうことがあります。飛び石被害を防ぐことは非常に困難なので誰でも起こり得ることですし、加害者を特定することもまず無理でしょう。割れてしまったフロントガラスは修理または交換するしか直す手段がありませんが、意外と高額です。

そこで考えるのが自動車保険適用ですが果たしてできるのでしょうか?

フロントガラスの割れ・飛び石被害を自動車保険で直すには

飛び石被害によるガラスのヒビや割れは車両保険で補償される

飛び石被害によるガラスのヒビや割れの修理や交換費用は車両保険により対応できます。自分の保険を使うことに疑問を持つかもしれませんが、飛び石をした車を特定することは非常に困難なため、ほとんどのケースで自分が加入している車両保険を使います。

対応できる車両保険は『一般車両保険』と『エコノミータイプ(車対車+A)』です。

参考記事:車両保険は必要?加入した方がいいの?

飛び石被害で車両保険を使うと等級が1つダウンし、『事故あり』割引率が1年間適用されてしまうので翌年の保険料がかなり高くなってしまいます。そのため修理をする前に必ず見積もりをもらうようにしましょう。修理費の額によっては保険を使わずに直したほうがお得になることがあります。

参考記事:自動車保険等級は事故あり・なしで割引率が違う

修理代と免責や事故あり割引率を天秤にかけて賢く車両保険を使おう

フロントガラスの修理は軽微な傷・ヒビ割れならリペアでの補修で済み、1~2万円程度です。完全に割れていて交換となると5~10万円前後掛かります。10万円となると車両保険を使いたくなりますが、その前に『免責条件』を確認しましょう。免責とは設定金額を超えた額から保険を適用することができ、例えば免責金額が5万円なら5万円を超えた分の修理代を保険で負担してくれます(すなわち5万円は自己負担となる)。

免責金額を高くするほど保険料が安くなるので免責0円の人は少数派です。ほとんどの人は3~10万円に設定しているようです。そのため先ほどの事故あり割引率による翌年の保険料アップと、免責を考慮しながら飛び石被害の修理代を車両保険で直すか検討することになります。

このように軽微な修理などでは自腹で直すケースが多いので車両保険は必要ないと考える人がいるかもしれませんが、盗難や火災、水害などによって大きな被害を受けたときのことを考えると車両保険が有効になってきます。もし自動車保険に車両保険を付帯するときには自動車保険一括見積もり請求サービス(自動車保険 見積もり)を利用すると最大20社の見積もりが最短5分で得られるので便利です。

自動車保険は加入すれば安心というものではなく、サービス内容や保険料などを検討して自分に合った保険会社の保険を選ぶことが大切です。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

飛び石被害を受けたフロントガラスは小さな傷でも走行中の振動などで、どんどんと傷が拡がってしまいます。運転席側に一定寸法以上の傷やヒビがあると車検に通りません。早めに修理することで傷の拡がりや修理費を抑えられるのでおすすめです。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。