サーキット走行やレース・ラリーで起こした事故は自動車保険が使えない

サーキット走行やレース・ラリーで起こした事故は自動車保険が使えない

サーキット走行の事故に自動車保険は使えるのか

車好きなら一度は走ってみたいサーキット。各地のサーキットで開催されている走行会に参加される方が多くいます。

サーキットでは限界付近で走行するので事故クラッシュが付きものです。

サーキットで車を壊しても自動車保険に入っているから大丈夫と思うかもしれませんが、一般的な自動車保険はサーキット走行やレースでの事故には対応していません。

サーキット走行や競技、曲技中の事故は自動車保険の適用外

自動車保険の約款の中にサーキット走行や競技、曲技中の事故についての定義や免責が記載されています。

競技や曲技の定義

「競技」とは、ロードレース(山岳ラリー、タイムラリー)やサーキットレース等をいい、これらのレースに出場するための練習も含まれます。

「曲技」とは、サーカス、スタ ントカー等をいい、これらのための練習も含まれます。

「試験」とは、自動車メーカー等が行う自動車の性能テスト等をいいます。

また、競技、曲技もしくは試験を行うことを目的とする場所(サーキットコース、テストコース等)での走行会等も含まれます。

免責事項

お車を競技・曲技もしくは試験のために使用すること、または競技・曲技もしくは試験を行うこ とを目的とする場所において使用(救急、消防、事故処理、補修、清掃等のために使用している場 合を除きます)することによって生じた損害・傷害

※朝日火災海上保険の普通保険約款・特約より引用

このようにサーキット走行やレース(練習を含む)によって起きた事故の損害や傷害に対する補償はできないと保険会社は宣言しています。

すなわち、サーキット走行やレースにおける損害や傷害はすべて自己責任ということです。相手の有無に関わらずクラッシュしたら自腹で直すものと考えてください。

サーキット走行やレース参加で使える保険もある

一般の自動車保険はサーキット走行やレース参加中の事故を補償してくれません。しかし主催者によっては保険加入を義務付けていることがあります。

このときに用意されるのがスポーツ安全保険です。スポーツ安全保険は特定のレースやサーキット走行の対人・対物事故だけが補償対象です。また突然死に際して親族が負担した葬祭費用も補償してくれます。

参加を予定しているサーキット走行やレースの主催者が、スポーツ安全保険の加入を求めている場合は必ず従いましょう。

生命保険はサーキット走行やレース参加で使えるのか

サーキット走行やレース参加における怪我や死亡事故でも生命保険は適用されます。

スポーツ安全保険の加入を求めていない主催者であっても生命保険加入を義務付けていることがほとんどなので、参加予定のある方は加入しておいたほうがいいでしょう。

自動車保険の加入・更新を検討するときは自動車保険見積もりのインズウェブをおすすめします。利用すると複数の保険会社が比較できて便利です。

簡単な入力だけで複数の保険会社が比較できて便利です。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

市販車で参加できるサーキット走行やレースが増加したことに伴って事故の発生件数も右肩上がりのようです。とても楽しいサーキット走行ですが、すべてが自己責任です。クラッシュしたときは誰のせいにもできないと覚えておきましょう。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。