箱根ターンパイクをF1が走るモーターヘッドヒルクライム

海外で大人気だったモーターヘッドヒルクライム1

MAZDA箱根ターンパイク完全封鎖し、関係各省の許認可を受けて異例の体制で撮影された『モーターヘッドヒルクライム

箱根ターンパイクをF1が走るモーターヘッドヒルクライム出典:http://www.classicteamlotus.jp/

2014年に公開された動画ではスーパーGT、GT300クラスに参戦するStudie BMW Z4+、荒聖治選手が当時の現役スーパーGTマシン公道で走らせています。


GT300マシンだけでなくD1グランプリで活躍のR35GTRやスバル・インプレッサラリーカーなども参加。海外でも大人気の動画となりました。

モーターヘッドヒルクライム2は箱根ターンパイクをF1マシンが爆走!?

第2弾となるモーターヘッドヒルクライム2では、2台のヒストリックF1マシンが箱根を走りました。1台は『ベネトンB189』。このベネトンB189は1989年に鈴鹿サーキットで行われた日本グランプリで、アレッサンドロ・ナニーニのドライブにより優勝したマシンです。

そしてもう1台は『F1モナコグランプリで優勝した唯一の日本人ドライバー』でも紹介した久保田克明選手が駆る『ロータス78』。 このロータス78は、1977年に富士スピードウェイで開催された日本グランプリで6位入賞したマシンです。

F1マシンに隠れてしまっていますが、なんと往年のCカーであるTAISANポルシェ962も出演してますね。その他にもスーパーGT GT300クラス2015年チャンピオンGAINER TANAX GT-Rや、WTAC R35クラス最速のHKS GT1000+などなど、サーキット上でもなかなか揃わないマシンたちが箱根ターンパイクに集結、全開走行しています。

第3弾が開催されるのか、そしてどんなマシンが走るのか、今から楽しみですね!

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

一般道である箱根ターンパイクを、F1マシンが走るには多くの問題があったようです。路面とマシンのクリアランスや、万が一クラッシュした場合にガードレール下にマシンが潜り込まないかなど。そして一番の難関は雨だったようです。それらにもめげず迫力の走りを見せたドライバーたちには感動させられますね。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。