F1を目指す次世代の若手日本人レーシングドライバー

小林可夢偉に続く日本人F1ドライバーは誰なのか

小林可夢偉選手が2014年シーズン終了後にケーターハムのシートを失って以来、日本人F1ドライバーは参戦していません。

F1を目指す次世代の若手日本人レーシングドライバー
出典:http://bylines.news.yahoo.co.jp/tsujinohiroshi/20140121-00031847/

日本企業がF1のスポンサーから次々と撤退したことで、シート奪取が難しくなっています。しかし近い将来F1ドライバーへのステップアップが期待されている、実力のある若手日本人ドライバーが育ってきています。ここでは私の独断と偏見で未来の日本人F1ドライバー候補を何人か取り上げてみます。

桜井孝太郎選手

F1を目指す次世代の若手日本人レーシングドライバー
出典:http://f1-gate.com/

1994年6月生まれ、東京都出身の桜井孝太郎選手は2003年よりレーシングカートでモータースポーツ活動を開始。2010年にはフォーミュラBMWのスカラシップドライバー契約を結び、2011年、17歳のときにイギリス・F3選手権ルーキークラスにステップアップ。見事チャンピオンに輝いています。2012年、日本人初のGP3シリーズに参戦するなど将来が期待されているドライバーです。

笹原右京選手

F1を目指す次世代の若手日本人レーシングドライバー
出典:http://gogoukyo.com/web/

1996年4月生まれ。7歳から始めたレーシングカートで各シリーズのチャンピオンに輝いた後、2013年からFormula Renault 2.0ユーロシリーズに参戦。元F1ドライバー片山右京と同じ名前で注目されています。まだお母さんのお腹にいるときに右京と命名され、レーシングドライバーになるべく生まれた笹原右京選手が、片山右京選手を超える日は近いのかもしれません。

金丸悠選手

F1を目指す次世代の若手日本人レーシングドライバー
出典:http://www.yukanamaru.com/index.html

1994年5月生まれ東京都出身。5歳のときからレーシングカートに乗り始めた金丸悠選手は、2011年のKF1世界選手権第2戦レース1にて日本人初優勝。2012年からFormula Renault 2.0ユーロシリーズに参戦。2014年にはマカオGPに出場して予選13位。2015年Euroformula Openシリーズで総合3位。2016年はフォーミュラ3.5 V8に参戦など、着々と実績を重ねながらF1のシートを狙っています。

F1のシート獲得に最も近い2人の日本人ドライバー

ザウバーのリザーブドライバー経験を持つ佐藤公哉選手

F1を目指す次世代の若手日本人レーシングドライバー
出典:http://supergt.net/pages

1989年に兵庫県で誕生した佐藤公哉選手。4歳でレーシングカートを始め、全日本F3選手権、ユーロF3、ドイツF3カップと進む。2013年にAutoGPへの参戦開始、5勝を挙げ年間ランキング2位を獲得。2014年にはAutoGPで年間最多勝となる6勝でシリーズチャンピオンに輝いています。F1では2013年7月にシルバーストーン合同テストにザウバーチームのドライバーとして参加。10月のF1日本GPではザウバーのリザーブドライバーとして登録された経験を持ちます。2015年、2016年は日本のスーパーGTに参戦中ですが、条件次第では再びF1の世界に戻れるかもしれませんね。

マクラーレン・ホンダのテストドライバーを務める松下信治選手

F1を目指す次世代の若手日本人レーシングドライバー
出典:http://www.honda.co.jp/

1993年生まれ、埼玉県出身の松下信治選手は4歳でレーシングカートを開始、2010年に全日本カート選手権KF1クラスシリーズランキング3位。2012年フォーミュラチャレンジジャパン・シリーズチャンピオン。2013年より全日本F3選手権にステップアップして、2014年シリーズチャンピオン獲得。2015年からはF1の直下カテゴリーであるGP2に参戦開始。ルイス・ハミルトンやニコ・ロズベルグが在籍していたARTグランプリチームへの加入で話題となりました。GP2参加初年度から大活躍した松下信治選手はハンガリーグランプリで初優勝、2位1回を獲得。2016年にはモナコグランプリで1勝を挙げています。2016年からマクラーレン・ホンダのテストドライバーとなった松下信治選手。現レギュラードライバーの2名がワールドチャンピオン経験者なので、なにかがない限りレースドライバー昇格は難しそうです。しかしホンダ側でもいずれは日本人ドライバーをF1に乗せたいと公言しているので、近いうちにレギュラーシートの座を掴む日がやってくるかもしれません。

スポンサーや企業のバックアップが必要で、実力だけではなかなかレギュラーシートの座を掴むことが難しいF1の世界です。そのため日本人ドライバーがF1レースに出場することは厳しそうです。それでもお金の力だけではなく、速さでヨーロッパ人を黙らせるような日本人ドライバーが育ってきています。また再びF1のレースシーンに日本人ドライバーが戻ってくる可能性があるかもしれませんね。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

以前はお金でシートを買っていると揶揄された日本人F1ドライバーですが、佐藤琢磨選手の台頭から実力でシートを獲得する日本人ドライバーが出現してきました。小林可夢偉選手がシートを失ってからF1人気も下降気味なので、次世代の日本人F1ドライバー誕生に期待ですね。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。